かがみの孤城:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
かがみの孤城

かがみの孤城

2022年12月23日公開、116分、アニメ/ファンタジー
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鏡の中にある不思議な城で願いが叶うという秘密の鍵を探す子どもたちの姿を描いた辻村深月の本屋大賞受賞作を劇場アニメーション化。主人公のこころの声を担当するのは「カルピスウォーター」のCMキャラクターを務める當真あみで、1000人以上が参加したオーディションから選ばれた。『カラフル』の原恵一と丸尾みほが監督と脚本をそれぞれ務め、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のA-1 Picturesがアニメーション制作を担当。

予告編・関連動画

感動の物語がついに幕を開ける『かがみの孤城』特報

特報

2022/8/22(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学生のこころは学校での居場所をなくしてしまい、部屋に閉じこもっていた。そんなある日、突然部屋の鏡が光り始め、吸い込まれるように中に入っていく。そこには、おとぎ話に出てくるようなお城と6人の見ず知らずの中学生がおり、彼らの前に「オオカミさま」と呼ばれるオオカミのお面を着けた少女が現れる。彼女は、こころを含めた7人が選ばれた存在であること、そして秘密の鍵を見つけた者の願いを叶えると告げる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
116分
製作会社
「かがみの孤城」製作委員会(企画・製作幹事:松竹=日本テレビ放送網/制作:A-1 Pictures)
ジャンル
アニメファンタジー

[c]2022「かがみの孤城」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3 /170件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?