ロストケア:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ロストケア
ロストケア
4.2

ロストケア

2023年3月24日公開、114分、サスペンス・ミステリー
2,563
849
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

介護士として働きながら42人もの高齢者を殺害した殺人犯と、彼を裁こうとする検事の激突を描いた葉真中顕による小説「ロスト・ケア」を映画化。『そして、バトンは渡された』の前田哲がメガホンをとり、『聖の青春』の松山ケンイチが殺人犯となった斯波宗典、「コンフィデンスマンJP」シリーズの長澤まさみが法の正義のもと斯波を追い詰める検事、大友秀美をそれぞれ演じる。

配信で観る

ストーリー

老人と訪問介護センターの所長の死体が早朝の民家で発見された。容疑者として浮上したのは亡くなった所長が勤めていたセンターで介護士として働く斯波宗典。検事の大友秀実は彼が働き始めてから亡くなった介護センターの利用者が40人を超えていることを突き止める。真実を明らかにしようと斯波を追い詰めていく大友に、彼は自分のしたことは「殺人」ではなく「救い」であったと主張する。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
日活 東京テアトル
初公開日
2023年3月24日
上映時間
114分
製作会社
日活=東京テアトル=東映ビデオ=東宝芸能=光文社(製作幹事:日活=東京テアトル/制作プロダクション:日活=ドラゴンフライ)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2023「ロストケア」製作委員会
[c]キネマ旬報社