TOKYO VICE:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
TOKYO VICE
TOKYO VICE

TOKYO VICE

2022年4月15日公開、58分、ヒューマンドラマ/サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「インサイダー」のマイケル・マンが全編オール日本ロケで描く日米共同制作ドラマの第1話を期間限定で劇場公開。1990年代の東京。日本の大手新聞社に就職したアメリカ人ジェイクは、特ダネを追いかけるうちにヤクザ絡みの事件に強い刑事・片桐と出会う。出演は、「ウエスト・サイド・ストーリー」のアンセル・エルゴート、「Fukushima 50」の渡辺謙、「パシフィック・リム:アップライジング」の菊地凛子

1990年代の東京を再現した裏側に迫る!「東京ロケーションボックス」特集 PR

「東京ロケーションボックス」がWOWOW×ハリウッド共同制作オリジナルドラマ「TOKYO VICE」を支援!1990年代の東京を完全再現できた本作の撮影時の裏話、ロケ地の情報などをご紹介。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1990年代の東京。東京の大学を卒業したアメリカ人青年・ジェイク(アンセル・エルゴート)は、故郷に戻るよう勧める両親に反し、難関試験を突破して明調新聞に就職する。警察担当記者として、秘密を抱えながら男社会を渡り歩く女性記者・詠美(菊地凛子)の元で働き始めたジェイクは特ダネを追いかけていて、ヤクザ絡みの事件を手練で解決する刑事・片桐(渡辺謙)と出会う。新聞記者として危険な闇社会へと入り込んでいくジェイクに、「この世界は、一度開いた扉は閉じるのが難しい」と片桐は忠告する。ジェイクは夜の街に繰り出し、千原会の若いヤクザのリーダー・佐藤(笠松将)に遭遇する。そして、オニキスというクラブのホステス・サマンサ(レイチェル・ケラー)と出会う。

作品データ

原題
TOKYO VICE
製作年
2022年
製作国
アメリカ
上映時間
58分
製作会社
HBO Max=WOWOW=Endeavor Content
ジャンル
ヒューマンドラマサスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?