赦し:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
赦し
赦し
3.7

赦し

2023年3月18日公開、98分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    414
  • みた
    49
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未成年が引き起こした殺人事件である「少年犯罪」を題材に、被害者遺族の元夫婦と服役中の加害者の女性の葛藤を描いたヒューマン・ドラマ。最初の裁判で加害者の夏奈には懲役20年の重刑が課せられたが、事件の事実認定の正当性をめぐる再審公判が決定し、3人の心は激しく揺らぎ出す。“正義”に固執する被害者の父親の克を「義足のボクサー GENSAN PUNCH」の尚玄、一刻も早く過去を拭い去りたい元妻の澄子を「台風家族」「ひとよ」のMEGUMI。夏奈役にはデビュー作「渇き。」で注目された松浦りょうが抜擢された。オリジナル脚本で、被害者遺族と加害者双方の視点を取り入れ、罪と罰という根源的な主題を鋭く探求したのは、長編第2作「コントラ」(19)が国内外で評価された日本在住のインド人監督アンシュル・チョウハン。人と人は互いにわかり合い、憎むべき相手をも受け入れることができるのか。魂の救済、赦しという深遠なテーマに真正面から挑んだ問題作。

配信で観る

ストーリー

7年前に高校生だった娘の恵未をクラスメートに殺害されて以来、酒に依存して現実逃避を重ねてきた樋口克(尚玄)のもとに、裁判所からの通知が届く。懲役20年の刑に服している加害者、福田夏奈(松浦りょう)に再審の機会が与えられたというのだ。大切なひとり娘の命を奪った夏奈を憎み続けている克は、元妻の澄子(MEGUMI)とともに法廷に赴く。しかし夏奈の釈放を阻止するために証言台に立つ克と、つらい過去に見切りをつけたい澄子の感情はすれ違っていく。やがて法廷では夏奈の口から彼女が殺人に至ったショッキングな動機が明かされていく。怒りの感情に駆られた克はある行動を起こすのだった……。

予告編・関連動画

同級生を殺害した女性とその再審で揺さぶられる被害者家族の姿を描く『赦し』予告

予告編

2023/2/3(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
DECEMBER
映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
彩プロ
初公開日
2023年3月18日
上映時間
98分
製作会社
KOWATANDA FILMS=YAMAN FILMS
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2022 December Production Committee. All rights reserved
[c]キネマ旬報社