復讐は俺に任せろ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
復讐は俺に任せろ
復讐は俺に任せろ
-

復讐は俺に任せろ

1953年12月6日公開、90分、任侠・アウトロー
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「海の無法者」のロバート・アーサー製作の警官対ギャング劇、1953年作品。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作小説に基づいて「烙印」のシドニー・ボームが脚色、「飾窓の女」のフリッツ・ラングが監督した。撮影監督は「情炎の女サロメ」のチャールズ・ラング、音楽監督はミッシャ・バカライニコフ。「カルメン(1948)」のグレン・フォードと「突然の恐怖」のグロリア・グレアムが主演し、ジョスリン・ブランド、アレクサンダー・スコービー、リー・マーヴィンなどが助演している。

配信で観る

ストーリー

巡査トム・ダンカンが自殺し、遺書にはギャングのマイク・ラガナ一味が市政を牛耳っていること、自分もそれに関係していたことなどが書かれていた。ダンカンの妻バーサは遺書を利用してラガナを恐喝し、警察へは病死と偽って報告した。警部のデイヴ・バニアン(グレン・フォード)は死因に疑いを持っていたが、トムと駈け落ちの約束をしていた酒場女ルシーがギャング一味に殺されたことから疑いは一層深まった。デイヴはダンカン夫人を訪れていろいろ質問したが、夫人は怒って少しも応えてくれなかった。翌日、デイヴは署長からこの事件から手を引けと命じられた。警察上層部にもギャングの勢力が及んでいたのだ。しかし、デイヴは決心を変えず、単身ラガナ邸を訪れ、邪魔しようとした用心棒を殴り倒して帰ってきた。その翌朝、署長は更に厳重な警告を彼に与えた。ギャングはデイヴが諦めぬと知るや彼の妻ケイティを事故と見せて殺した。いよいよデイヴは本格的探索を始め、ラガナの1の子分ヴィンスと情婦デビー(グロリア・グレアム)に接近した。ヴィンスはデビーとデイヴの仲を疑い、嫉妬のあまりデビーの顔に煮立ったコーヒーを浴びせ大火傷をさせた。デイヴは友人たちの強力を得てラガナの子分ラリーを捕らえ、一切を白状させたが、一方ラガナ一味に恨みを抱くようになったデビーは、ダンカン夫人を射殺して遺書を奪い、更にヴィンスを待ち伏せて熱いコーヒーを彼に浴びせた。怒ったヴィンスは彼女を撃ち、逃亡しようとしたがデイヴに追われ、拳銃戦の末ついに射殺された。翌朝、デビーは病院で死んだ。そしてデイヴには浄化された警察の椅子が待っていた。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
THE BIG HEAT
製作年
1953年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画会社
初公開日
1953年12月6日
上映時間
90分
製作会社
コロムビア映画
ジャンル
任侠・アウトロー


[c]キネマ旬報社