手:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
手
手

2022年9月16日公開、99分、R18
R18+
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロマンポルノ50周年を記念したプロジェクト「ROMAN PORNO NOW」のなかの1作で、山崎ナオコーラの小説「手」を原作に、年上の男性に惹かれてしまう女性を描く。主人公のさわ子を『彼女はひとり』の福永朱梨、同僚の森を『サマーフィルムにのって』の金子大地がそれぞれ演じるほか、『模倣犯』の津田寛治、『猫と塩、または砂糖』の田村健太郎らが出演する。監督は『ちょっと思い出しただけ』の松居大悟。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

さわ子は実の父親とうまく話すことができず、2人の関係はギクシャクしていた。そんなさわ子の趣味はおじさんの写真を撮ってコレクションすることで、彼女がいままで付き合ってきた男性も年の離れた人ばかり。ある時、同年代の同僚である森との距離が縮まったことをきっかけに、さわ子の心に変化が訪れる。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2022年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
99分
製作会社
日活(企画:日活/制作プロダクション:アークエンタテインメント)
ジャンル
R18

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2 /8件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?