不思議の国のアリス(1951)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

不思議の国のアリス(1951)

1953年8月22日公開,75分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「シンデレラ姫」のウォルト・ディズニーが製作したテクニカラー色彩長編漫画映画。ルイス・キャロルの同名の児童小説をもとにウィンストン・ヒブラー以下13名が映画用ストーリーを書いたものである。音楽編曲はオリヴァー・ウォーレスの担当。なお、アリスのモデルはキャスリン・ビューモントKathryn Beaumontで映画のアリスの声は彼女の声である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

木のかげで姉さんが読む英国歴史にあきた頃、突然白兎がアリスの傍を駆けていった。その後を追って穴に飛び込んだアリスは何か食べるごとに大きくなったり、小さくなったり、笑い猫や芋虫やトランプの兵隊などに会って、最後はトランプの女王様から裁判され、こわくなって、逃げ出そうとしたが、なかなか逃げられない。というところで姉さんの「アリス」と呼ぶ声に目を覚ましました。不思議な国は夢のなかの出来事だったのだ。

スタッフ

ウォルト・ディズニー

製作

ベン・シャープスティーン

製作統括

クライド・ジェロニミ

監督

ハミルトン・S・ラスク

監督

ウィルフレッド・ジャクソン

監督

ミルト・カール

作画監督

ウォード・キンボール

作画監督

フランク・トーマス

作画監督

エリック・ラーソン

作画監督

ジョン・ラウンズベリー

作画監督

オリー・ジョンストン

作画監督

ウォルフガング・ライザーマン

作画監督

マーク・デイビス

作画監督

レス・クラーク

作画監督

ノーマン・ファーガソン

作画監督

ウィンストン・ヒブラー

脚本

ビル・ピート

脚本

ジョー・リナルディ

脚本

ビル・コットレル

脚本

ジョー・グラント

脚本

デル・コネル

脚本

テッド・シアーズ

脚本

アードマン・ペナー

脚本

ミルト・バンタ

脚本

ディック・ケルシー

脚本

ディック・ヒュウマー

脚本

トム・オレブ

脚本

ジョン・ウォルブリッジ

脚本

ルイス・キャロル

原作、作詞、作詞

オリヴァー・ウォーレス

作曲、音楽監督

ボブ・ヒリアード

作詞

ドン・レイ

作曲

サミー・フェイン

作曲

ジーン・デ・ポール

作曲

マック・デイヴィッド

作詞・作曲

ジェリー・リヴィングストン

作詞・作曲

アル・ホフマン

作詞・作曲

ロイド・L・リチャードソン

編集

ドン・ダグラディ

レイアウトチェック

ケン・アンダーソン

美術監督

ジョン・ヘンチ

美術監督

クロード・コーツ

美術監督

メアリー・ブレア

色彩設計

アブ・アイワークス

特殊効果

C・O・スライフィールド

音響監督

ハロルド・J・ステック

録音

ロバート・O・クック

録音

アル・ティーター

ミキサー

ケン・ピーターソン

制作担当

ロイ・O・ディズニー

製作

ジョセフ・ダビン

オーケストラ指揮

マクラーレン・スチュワート

レイアウト

トム・コドリック

レイアウト

チャールズ・フィリッピ

レイアウト

A・ケンドール・オコーナー

レイアウト

ヒュー・ヘネシー

レイアウト

ドン・グリフィス

レイアウト

トール・パットナム

レイアウト

ランス・ノーレイ

レイアウト

ハル・キング

原画

ジャッジ・ウィッテカー

原画

ハル・アンブロ

原画

ビル・ジャスティス

原画

フィル・ダンカン

原画

ボブ・カールソン

原画

ドン・ラスク

原画

クリフ・ノードバーグ

原画

ハーベイ・トゥームズ

原画

フレッド・ムーア

原画

マービン・ウッドワード

原画

ヒュー・フレイザー

原画

チャールズ・オーガスト・ニコルズ

原画

ジョシュア・ミードア

エフェクト原画

ダン・マクマヌス

エフェクト原画

ジョージ・ロウレイ

エフェクト原画

ブレイン・ギブソン

エフェクト原画

レイ・ハッフィン

背景

アート・リレイ

背景

ディック・アンソニー

背景

ラルフ・ヒューレット

背景

ブライス・マック

背景

テルマ・ウィトマー

背景

キャサリン・ボーモント

挿入歌

J・パット・オマリー

挿入歌

クイーニー・レナード

挿入歌

リチャード・ヘイドン

挿入歌

ジェリー・コロンナ

挿入歌

ジム・マクドナルド

挿入歌

ザ・メローメン

挿入歌

ザ・リズマイヤーズ

挿入歌

コイ・コーベン

作詞、作詞

作品データ

原題
Alice in Wonderland
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
RKOラジオ日本支社
上映時間
75分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.2
  • rikoriko2255

    水口栄一

    5.0
    2ヶ月前

    不思議の国のアリスを観た。私はこのタイトルを見るたびに、有理沙という若い女性のことを思い出さずにはいられない。彼女はとても不思議な雰囲気を持った、とびっきりの美人だったからだ。私は彼女の美貌に悩殺された。そして不思議の国の有理沙だと思っていたのだ。それだけにこの映画はひじょうに興味深かった。あまりにも面白くて、最高だと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告