不時着結婚|MOVIE WALKER PRESS
MENU
不時着結婚
不時着結婚

不時着結婚

1950年10月17日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「煌めく銀星」の脚色者カール・タンバーグがロバート・カースンの小説より脚色し、自ら製作に当たったランパート・プロダクション作品で、「ミネソタの娘」のH・C・ポッタアが監督、「彼と人魚」のラッセル・メテイが撮影、ダニエル・アンフィシアトロフが音楽を担当した。1948年度作品。「失恋4人男」のジョーン・フォンテーン、「出獄」のジェームズ・スチュアートが主演し、エディ・アルバート、「フィラデルフィア物語」のローランド・ヤング、「風を起す女」のウィラード・パーカー、「ステート・フェア(1945)」のパーシー・キルブライド、「三十四丁目の奇跡(1947)」のポーター・ホール等が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

復員航空兵のマーヴィン・ペインは戦友達と払い下げ輸送機で、小規模な航空会社を設立し、自ら操縦し、大陸横断輸送をやっていたが、ニューヨークのホテルで隣室に泊まっていた新婚のディディ・ディルウッドが新郎のラルフを嫌って自分の部屋に逃げこんできたのをそのままかくまってやった。彼女は百万長者の遺産相続人だったが、マーヴィンはそれとは知らず、彼女を都会生活にあこがれて早まった結婚をした田舎娘だと思い、自分の仲間のブレットの手をかりて、ホテルから飛行場につれて行った。マーヴィンの輸送機は荷物のほかに託送の黒猩々とディディのほかに新婚夫婦と中年の男をのせて西に飛んだ。中年の男はキャスロンという公金拐帯犯人だったことが、シカゴに着いたときわかり、マーヴィンはディディがその仲間と再び勘ちがいをし、彼女に好意を寄せる彼は官憲の手から守ろうとして暴風雨の中を無理に飛んだため燃料が切れて畠に不時着する。飛行機に乗っていた一同は子沢山の農夫ラックネルの癒えに厄介になり、その夜ディディは自分の理想の夫こそマーヴィンであることを発見する。しかし、彼女が百万長者と知ったとき独立心のつよいマーヴィンは逆につめたくなる。燃料を補給して基地までたどりついたマーヴィンはペイン航空会社の解散を宣言するが、やはりディディが思いきれず、彼女の愛と資本の援助をうけいれなければならなかった。

作品データ

原題
You Gotta Stay Happy
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分
製作会社
U・I映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?