夜、鳥たちが啼く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
夜、鳥たちが啼く
夜、鳥たちが啼く
3.6

夜、鳥たちが啼く

2022年12月9日公開、115分、ヒューマンドラマ
R15+
485
134
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

葛藤を抱える小説家と他者とのつながりを求めるシングルマザーの少し変わった半同居生活を描く佐藤泰志の同名小説を実写映画化。『女子高生に殺されたい』の城定秀夫がメガホンをとり、『死刑にいたる病』の高田亮が脚本を手掛けた。「東京リベンジャーズ」シリーズの山田裕貴が主人公である小説家の慎一、「妖怪シェアハウス」の松本まりかが慎一のもとに身を寄せるシングルマザーの裕子を演じる。

配信で観る

ストーリー

売れない小説家の慎一は鬱屈とした生活を送っていた。そんな慎一のもとに、友人の元妻である裕子が息子のアキラと共に越してくる。慎一は恋人と暮らしていた一軒家を2人に譲り、自身はプレハブで寝起きするという歪な半同居生活がスタートする。周囲を傷つけてきた慎一は、そんな自らの姿を夜ごとに綴り、裕子は夜の街に行きずりの出会いを求めていく。深入りしないよう距離を保つ慎一と裕子は、前に進む一歩を踏み出せずにいた。

予告編・関連動画

傷を抱えた2人の歪な半同居生活を描く『夜、鳥たちが啼く』予告編

予告編

2022/10/19(水)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2022年
製作国
日本
配給
クロックワークス
初公開日
2022年12月9日
上映時間
115分
製作会社
クロックワークス(制作協力:Gemini Films)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022 クロックワークス [c]キネマ旬報社