クリーン ある殺し屋の献身:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
クリーン ある殺し屋の献身
クリーン ある殺し屋の献身
3.6

クリーン ある殺し屋の献身

2022年9月16日公開、94分、アクション
183
46
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「戦場のピアニスト」でアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディ主演のアクションドラマ。かつては凄腕の殺し屋で、今は寡黙な清掃員として生きるクリーン。心を通わせた少女ディアンダをギャングから守るため再び銃を取り、孤独な戦いに挑む。出演は、「ジョーカー」のグレン・フレシュラー、「パージ 大統領令」のミケルティ・ウィリアムソン、「Mr.ノーバディ」のRZA。監督・製作・脚本は、『キラー・ドッグ』のポール・ソレット。

配信で観る

ストーリー

深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男(エイドリアン・ブロディ)。名前も分からず“クリーン”と呼ばれ、孤独な日々を送る彼は、隣人の少女ディアンダ(チャンドラー・アリ・デュポン)と心を通わせていた。ある日、街を支配している麻薬ギャングたちがディアンダに目をつけ、手を出してくる。クリーンはディアンダを救うためにギャングのアジトに乗り込み、チンピラたちを半殺しにしてしまう。ギャングのボス・マイケル(グレン・フレシュラー)の息子がその中にいたため、マイケルは組織を総動員してクリーンを追う。警察もギャングに加担しており、クリーンに逃げ場はない。クリーンはディアンダを守るために再び銃を取り、ひとりで反撃に出るが……。

予告編・関連動画

凄腕の殺し屋が少女を助ける為ギャングを叩きのめす『クリーン ある殺し屋の献身』予告

予告編

2022/8/22(月)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
CLREAN
映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
アメリカ
配給
アルバトロス・フィルム
初公開日
2022年9月16日
上映時間
94分
製作会社
Fable House Film
ジャンル
アクション

[c]2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
[c]キネマ旬報社