渇きと偽り:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
渇きと偽り
渇きと偽り
3.6

渇きと偽り

2022年9月23日公開、117分、サスペンス・ミステリー
175
89
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的ベストセラーとなったジェイン・ハーパーによる同名小説を「NY 心霊捜査官」のエリック・バナ主演で映画化。旧友ルークの葬儀に参列するため、20年ぶりに帰郷した連邦警察官フォーク。干ばつが続く町で、フォークはルークの心中事件の真相究明に奔走する。共演は「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のジュネヴィーヴ・オーライリー、「ドクター・エクソシスト」のキーア・オドネル。監督は『ファイナル・アワーズ』の製作総指揮を務めたロバート・コノリー。

配信で観る

ストーリー

メルボルンの連邦警察官アーロン・フォーク(エリック・バナ)は、旧友であるルークの葬儀に参列するため、20年ぶりに帰郷する。自ら命を絶つ前に自身の妻と子供を殺したとされるルーク。そんな彼は10年以上も干ばつが続き、狂気に襲われたこの土地の犠牲者だと思われていた。気が進まないながらも、町に留まり捜査を行うことにしたフォークは、やがて自身の古傷となっている、当時17歳のエリー・ディーコンの死と向き合うことになる。フォークは数十年も離れて起きた2つの犯罪は繋がっているのではないかと疑い始めるのだった。ルークの無実だけでなく、自身の無罪を証明すべく奔走するフォーク。彼に向けられた偏見や、怯えた住人たちが抱える鬱屈した怒りと戦いながら、フォークは事件の真相へと迫ってゆく……。

予告編・関連動画

世界的ベストセラーのクライムサスペンス小説を映画化『渇きと偽り』予告編

予告編

2022/8/6(土)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
THE DRY
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
オーストラリア
配給
イオンエンターテイメント
初公開日
2022年9月23日
上映時間
117分
製作会社
Made Up Stories=Arenamedia=Pick Up Truck Pictures
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2020 The Dry Film Holdings Pty Ltd and Screen Australia
[c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ