ミセス・ハリス、パリへ行く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ミセス・ハリス、パリへ行く

ミセス・ハリス、パリへ行く

2022年11月18日公開、116分、コメディ/ヒューマンドラマ
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ディオールのドレスに魅了された女性がパリへと向かう姿を描くロードムービー。ポール・ギャリコの小説「ハリスおばさんパリへ行く」を原作に、主人公のミセス・ハリスを『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィルが演じた。また『ピアニスト』のイザベル・ユペール、「ハリー・ポッター」シリーズのジェイソン・アイザックスらが共演する。

予告編・関連動画

クリスチャンディオールのドレスに魅せられた家政婦が起こす、とびきり素敵な奇跡『ミセス・ハリス、パリへ行く』予告

予告編

2022/11/30(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代のロンドン、戦争で夫を亡くし未亡人となった家政婦は働き先で美しいドレスに出会う。そのドレスは、初めて聞くクリスチャン・ディオールというブランドのもので、450ポンドと高価なドレスだった。ドレスの美しさの虜となった彼女は、ディオールのドレスを購入するためパリへ向かう。そこでは新しい出会いと恋が彼女を待っていた。

作品データ

原題
Mrs.Harris Goes to Paris
映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
ハンガリー=イギリス=カナダ=フランス=アメリカ=ベルギー
配給
パルコ ユニバーサル映画
上映時間
116分
製作会社
Superbe Films=Moonriver=Hero Squared
ジャンル
コメディヒューマンドラマ

[c]2022 Universal Studios [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /23件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?