ある役者達の風景:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ある役者達の風景
ある役者達の風景
-

ある役者達の風景

2022年9月17日公開、102分、コメディ/ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    4
  • みた
    0
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

緊急事態宣言解除後、ベテラン俳優たちが撮影期間半日、制作費0円で制作し、話題を集めた短編映画を長編映画にリメイク。コロナ禍により劇場から客足が遠のく中、壮年の舞台俳優・大谷は、俳優仲間の草野、中西とたった3人で”独劇”の公演に挑むが……。出演は「ダンスウィズミー」の大谷亮介。その他、モロ師岡、半海一晃、マギー、余貴美子ら錚々たる俳優陣が友情出演。

配信で観る

ストーリー

コロナ禍が徐々に現実のものとなり、劇場からは客足が遠のいていた。世間は賑わいを失い、生活に影を落とす中、壮年の舞台俳優・大谷は、こんな時こそ演劇を楽しんでもらいたいと仲間たちに声をかける。ところが、これまで苦楽を共にした仲間たちも、今回ばかりは経済的に耐えられないと、役者を辞めていく。それでも賛同してくれたのは、同じ劇団に所属する草野と中西。たった3人でも演劇として成立する”独劇”を練習し、ようやく本番を迎えるが、初日公演の当日、緊急事態宣言が発令される。劇場は一時閉鎖を余儀なくされ、演劇の場を失った3人は途方に暮れる。そんな中、役者仲間の一人が神社で演劇の練習をしていたところ、数人のお客さんが集まったという話を聞きつけた3人は、まだ演劇は必要とされていると信じて稽古を続ける。宣言解除後、密を避け、換気も問題ない川原。自然を舞台に見立てて観客の前で演劇を続けながら、3人はこれからも必要とされる事を信じ、役者を続けることを決意する。

予告編・関連動画

コロナ禍で演劇中止が相次ぐなか稽古を続ける壮年の役者達を描いた『ある役者達の風景』予告

予告編

2022/9/22(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
リアリーライクフィルムズ株式会社
初公開日
2022年9月17日
上映時間
102分
製作会社
MINERAL=リアリーライクフィルムズ(制作プロダクション:MINERAL)
ジャンル
コメディヒューマンドラマ

[c]2021 映画「ある役者達の風景」製作委員会
[c]キネマ旬報社