フラワー・ドラム・ソング:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
フラワー・ドラム・ソング
フラワー・ドラム・ソング

フラワー・ドラム・ソング

1962年5月15日公開、0分、ミュージカル
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロジャース・ハマースティンの傑作ミュージカル・プレーとしてブロードウェイの舞台で好評を博した「フラワー・ドラム・ソング」の映画化である。C・Y・リー原作の同名の小説を故ハマースティンが舞台用に脚色し、さらにジョセフ・フィールズが映画向きにアダプト、「いとしの殿方」のヘンリー・コスターが監督した。撮影のラッセル・メティ、音楽のアルフレッド・ニューマンは共にミュージカル映画のベテランである。出演者は、「スージー・ウォンの世界」のナンシー・クワン、「嬉し泣き」のジェームズ・繁田、「サヨナラ」のナンシー梅木、それにファニタ・ホールなど。なお、全編には11曲のヒット・ナンバーが挿入されている。ロス・ハンター製作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若くて愛らしいメイ・リー(ナンシー梅木)と、父親のリー博士はサンフランシスコへ密入国した。リーはサミィ・フォンの写真結婚の相手として選ばれ、はるばるやって来たのだ。文無しの父子は町で歌を歌って稼ぎながら、ようやくサミィの経営するクラブへたどり着いた。そこでは、サミィの恋人リンダ・ロウ(ナンシー・クワン)のショウが開かれていた。サミィの花嫁が来たと知ったリンダは急に荒れ模様、困ったサミィはリーを厄介払いしようとし、ちょうど長男のワン・ター(ジェームズ・繁田)の嫁を探している知人のチー・ヤンにリーを譲ることにした。リーを入念に調べすっかり気に入ったヤンは、さっそく息子のターと結婚させることにした。一方、リーもターに一目で魅せられてしまった。だが肝心のターがリンダに熱をあげているため2人の仲は一向に進まなかった。サミィとリンダ、ターとリーの4人の関係はますます複雑になるばかりだった。すったもんだの挙げ句に、最初の約束どおりサミィとリーは結婚することになった。だが、いつの間にかリーを愛するようになっていたターはこの結婚を悲しんだ。リーも悲しかった。そこで、リーは結婚式の当日、自分が密入国者であることを暴露し、この結婚を破談にしてしまった。喜んだターはさっそくリーに結婚を申し込むのだった。

作品データ

原題
Flower Drum Song
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル(フィールズ・プロ)映画
ジャンル
ミュージカル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?