42-50 火光(かぎろい):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
42-50 火光(かぎろい)

42-50 火光(かぎろい)

2022年10月7日公開、94分、ヒューマンドラマ
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」の深川栄洋監督が、自身の経験をベースに妻で女優の宮澤美保と共に制作した自主作品。42歳・女優の妻と、50歳の脚本家の夫は不妊治療、難病の父、問題を複雑化させる姉妹、我が儘を拗らせる親たちなど切実な問題に直面する。夫婦役は「櫻の園」の宮澤美保と劇団花組芝居の桂憲一。共演は「梅切らぬバカ」の加賀まりこ、「悪人」の柄本明、「凶悪」の白川和子。

予告編・関連動画

ミドル世代の夫婦とその家族が直面する妊娠や病気のリアルを描く 『42 50火光(かぎろい)』

予告編

2022/9/22(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

50歳の祐司(桂憲一)は脚本家、42歳の佳奈(宮澤美保)は女優。そんな2人は2年前に結婚し、祐司の母・容子(吉田幸矢)と同居している。佳奈は最近、「子供を産んだことのない自分には、母親の役が上手く出来ない」と自分の演技に限界を感じていた。祐司とは積極的に子作りを意識していなかったが、家族会議で不妊治療を始めることに。だが42歳はかなり遅いスタートだと理解する2人。様々な情報や困難に葛藤しながらも、子供という希望が夫婦の日々を明るくしていく。そんなある日、佳奈の父・徹(柄本明)が難病指定のALSを発症。夫婦の生活は不妊治療と難病の父を支える毎日となり、ストレスが重なる加奈は、同居する容子とボタンの掛け違いを生んでいく。“姑と妻の問題”に直面した祐司は、離れて暮らす姉妹に相談するが、2人の小姑の存在は問題をより複雑にさせていくばかり。不妊治療、難病で死に向かう父、問題を複雑化させる姉妹、我が儘を拗らせる親たち……。ミドル世代に差し掛かる祐司と佳奈には、若い夫婦よりも2倍3倍のストレスが降りかかるのだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
スタンダードフィルム
上映時間
94分
製作会社
スタンダードフィルム
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022 スタンダードフィルム [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?