ソウル・オブ・ワイン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ソウル・オブ・ワイン

ソウル・オブ・ワイン

2022年11月4日公開、102分、ドキュメンタリー
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ワイン愛好家の聖地と呼ばれるフランスのブルゴーニュ地方で、世界最高峰のワインを造る人々の姿に迫るドキュメンタリー。監督を務めるマリー・アンジュ・ゴルバネフスキーが、農薬や除草剤不使用の農法で何世紀もの間ワイン畑を守り、ワインを造り続けてきたブルゴーニュの生産者たちの知恵や技量、哲学を浮き彫りにしていく。

予告編・関連動画

仏ブルゴーニュ地方で世界最高峰のワイン造りに魂を注ぐ人々に迫るドキュメンタリー『ソウル・オブ・ワイン』予告

予告編

2022/10/19(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

価格が高騰し、入手困難になりながらも多くのワイン愛好家の心をつかんで離さないブルゴーニュ産のワイン。ロマネ=コンティをはじめ、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニー、ムルソー、ヴォルネイなどのワインが造られていく過程を描く。“神に愛された土地”と呼ばれるブルゴーニュの美しい景色と共に、次世代へ畑を受け継いでいく生産者たちの知恵と技を映しだす。

作品データ

原題
L'ame du vin
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
ミモザフィルムズ
上映時間
102分
製作会社
Schuch Productions
ジャンル
ドキュメンタリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?