ファミリア:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ファミリア
ファミリア
4.1

ファミリア

2023年1月6日公開、121分、ヒューマンドラマ
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    746
  • みた
    170
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

山里に暮らす陶器職人の父と海外で活躍する息子、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年の3人を中心に、国籍や育った環境、言葉の違い、血のつながりを超えて、強い絆で“家族”を作ろうとする人々を描いた人間ドラマ。現在、280万人の外国人が暮らす日本で、実際に起きた事件などをヒントにした、いながききよたかのオリジナル脚本を映画化した。主人公・神谷誠治に役所広司、息子の神谷学を吉沢亮、在日ブラジル人青年マルコスと彼の恋人エリカを、共にオーディションで選ばれた在日ブラジル人のサガエルカスとワケドファジレ。さらにマルコスらを執拗に追いかける半グレのリーダー・榎本海斗をMIYAVI、誠治の友人で刑事・駒田隆を佐藤浩市、地元のヤクザ・青木を松重豊が演じるほか、中原丈雄、室井滋らが共演。監督は「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出。

配信で観る

ストーリー

山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所広司)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢亮)が婚約者ナディアを連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスは半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんななか、アルジェリアに戻った学とナディアをある悲劇が襲う。

予告編・関連動画

境遇を超えて“家族”になっていく人々『ファミリア』特報

特報

2022/9/13(火)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ
初公開日
2023年1月6日
上映時間
121分
製作会社
「ファミリア」製作委員会(木下グループ=フェローズ=ディグ&フェローズ)(制作プロダクション:ディグ&フェローズ)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022「ファミリア」製作委員会
[c]キネマ旬報社