湯道:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
湯道
湯道
4.0

湯道

2023年2月23日公開、127分、ヒューマンドラマ
2,054
885
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

小山薫堂が入浴行為を日本の文化の一つと捉え、提唱した「湯道」を基に、お風呂を通した人間模様を描いた群像劇。『おくりびと』の脚本を担当した小山が自らオリジナル脚本を手掛け、「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとった。主人公の三浦史朗を「土竜の歌」シリーズの生田斗真、史朗の弟、悟朗を『ヒメアノ~ル』の濱田岳、銭湯の看板娘を『キングダム』の橋本環奈がそれぞれ演じる。

配信で観る

ストーリー

亡き父が遺した銭湯「まるきん温泉」に戻ってきた建築家の三浦史朗は、銭湯を畳んでマンションに建て替える、と店を切り盛りする弟の悟朗に伝える。しかし、悟朗は実家を飛び出し都会で自由気ままに生きる史朗に冷たい態度を取るだけだった。そんなある日、ボイラー室で起きたボヤ騒ぎに巻き込まれ悟朗が入院してしまう。看板娘として働くいづみの助言を受け、弟の代わりに史朗は数日間「まるきん温泉」の店主として過ごすことになる。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
2023年2月23日
上映時間
127分
製作会社
フジテレビジョン=ジェイ・ストーム=東宝=セディックインターナショナル=NBCユニバーサル・エンターテイメント=博報堂DYメディアパートナーズ=ジェイアール東日本企画=N35(制作プロダクション:シネバザール)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2023 映画「湯道」製作委員会
[c]キネマ旬報社