憤怒の時:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
憤怒の時
憤怒の時
-

憤怒の時

1922年公開、0分
0
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランク・メイオ氏主演のユ社映画でリリアン・チェスター女史の原作をジョージ・チェスター氏が「ファントマ」等で腕をみせたエドワード・セジウィック氏が監督した。相手役はヘレン・ファーグス嬢である。

ストーリー

ダンビー火薬工場の支配人ブルース・ヘンダースンは主人ダンビーの娘ルシルに恋をしていたが、販売主任のリチャード・モワールも又彼女に恋していた。感情に激し易いブルースは主人と意見の相違から解雇されたが、ルシルは彼と家を出て結婚した。ダンビーはモワールを重用したが何ぞ図らんモワーは盛んに会社の物品を横領していた。それのみか幸福なブルースの新家庭の平和をも乱した。激情の余り理由なく妻を責めた為、ルシルは彼の許を去ってしまった。彼はしかし其後如何にしても妻の一家を悪人モワールの毒牙から救うべく一職工に身をやつして遂に悪人輩の奸策を見破った。自棄となったモワーは主人父娘を金庫に押し込みそのまま放火した。猛然と火中に進んだブルースは危うく父娘を救い得た。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Flaming Hour
製作年
1922年
製作国
アメリカ
配給
ユ社支社
初公開日
1922年
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社