BOOK OF LOVE あの日の恋:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
BOOK OF LOVE あの日の恋
BOOK OF LOVE あの日の恋
-

BOOK OF LOVE あの日の恋

1992年7月4日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

50年代のアメリカを舞台に、若者たちの恋と友情を描く青春ドラマ。監督は、ニュー・ライン・シネマの創設者で「ミュータント・タートルズ」などのプロデューサーとして知られるロバート・シェイで、本作品が監督デビューとなる。製作は、「クライ・ベイビー」のレイチェル・タラレイ、原作・脚本はウィリアム・コッツウィンクル、撮影はピーター・デミング、音楽はスタンリー・クラークが担当。

ストーリー

中年のコピーライター、ジャック(クリス・ヤング)は、高校時代のガールフレンドが彼に会いたがっているという噂を聞き、懐かしい青春時代に思いをはせる。現在、彼は妻と離婚の危機にあった。1956年秋、この町に引っ越してきたジャックは、向かいに住むクラッチ・ケイン(キース・クーガン)と意気投合、町に繰り出す。彼らを迎えたのは、町の不良グループのリーダー、アンジェロ(ボー・ドレマン)とその一味。荒手の歓迎を受けたジャックは美しいリリー(ジョシー・ビセット)に一目惚れするが、リリーはアンジェロの彼女だった。高校生活も終わりに近づき、パートナー探しに焦ったジャックは、アンジェロの妹ジーナ(トリシア・レイ・フィッシャー)を誘い、OKされる。いつになく素直で可愛らしいジーナに、ジャックは心魅かれ、キスを交わす。そして現代。実は、彼の妻はリリーであり、その会いたがっているというのはジーナだったのだ。ジャックはジーナと結ばれる。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Book of Love
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
初公開日
1992年7月4日
製作会社
レイチェル・タラーレイ=ニューライン・プロ作品


[c]キネマ旬報社