生きててごめんなさい:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
生きててごめんなさい
生きててごめんなさい
3.9

生きててごめんなさい

2023年2月3日公開、107分、ヒューマンドラマ
47
15
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「余命10年」の藤井道人がプロデュースし、現代日本の若者たちが抱える“病み”を見つめた物語。恋人の清川莉奈と同棲生活を送りながら小説家を目指す園田修一はある日、高校の先輩・相澤今日子が働く大手出版社の新人賞にエントリーすることになるが……。出演は、「野球部に花束を」の黒羽麻璃央、「窓辺にて」の穂志もえか。監督は、藤井と共にテレビドラマ『アバランチ』の演出を手掛けた新鋭・山口健人。

配信で観る

ストーリー

出版社の編集部に勤務する園田修一(黒羽麻璃央)は、清川莉奈(穂志もえか)と同棲生活を送っている。そんな中、修一は日々の仕事に追われ、小説家になる夢を諦めかけていた。一方の莉奈は、何をやっても上手くいかず、いくつもアルバイトをクビになり、家で独り過ごすことが多かった。ある日、修一は高校の先輩で大手出版社の編集者・相澤今日子(松井玲奈)と再会し、相澤が働く出版社の新人賞にエントリーすることに。同時に、自身の出版社でも売れっ子コメンテーター、西川洋一(安井順平)の担当になるが、編集担当に原稿をすべて書かせる西川のやり方に戸惑う。小説の執筆に当てる時間がなくなり、焦り始める修一。そんな中、ふとしたきっかけで西川の目に止まった莉奈は、修一と同じ出版社で働き始める。西川も出版社の同僚も、誰もが莉奈をちやほやする光景に、嫉妬心を芽生えさせた修一は、莉奈に対する態度が冷たくなっていく。いつしか、2人の間に喧嘩が絶えなくなり……。

予告編・関連動画

ややこしいけど愛おしい、現代社会の若者が抱える「病み」を描く『生きててごめんなさい』予告

予告編

2023/1/13(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
渋谷プロダクション
初公開日
2023年2月3日
上映時間
107分
製作会社
「イキゴメ」製作委員会(制作プロダクション:スタジオねこ)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2023 ikigome Film Partners [c]キネマ旬報社