海岸通りのネコミミ探偵:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
海岸通りのネコミミ探偵
海岸通りのネコミミ探偵
-

海岸通りのネコミミ探偵

2022年12月2日公開、88分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    9
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

湘南を舞台にペット専門探偵コンビの姿を描くドラマ。ペット猫のミミちゃんがいなくなった猫塚は、湘南でペット探偵を営む猿渡の事務所を訪れる。猿渡はミミちゃんがある夫婦のもとで暮らしていることを探し当てるが、猫塚は報酬が払えず、働いて返すことに。出演は、ミュージカル『刀剣乱舞』の牧島輝、「大河への道」の和田正人。監督は、「クローゼット」の進藤丈広。

配信で観る

ストーリー

湘南の浜辺でペット猫のミミちゃんがいなくなった猫塚照(牧島輝)は、ミミちゃん探しを依頼するために、湘南を拠点にペット探偵を営む猿渡浩介(和田正人)の事務所を訪れる。ところが、ひょんなことから一緒に探すことになる。猿渡がミミちゃんを探し当てるが、ミミちゃんは鈴俣夫婦(伊藤浩志・澁澤真美)のもとでふたりを幸せにしていた。猫塚は、優しい気持ちで鈴俣夫婦とミミちゃんを見守る。しかし、無一文の猫塚は、ペット捜査の報酬が払えず、働いて返すことに。そんなとき、三浦裕太(菊池爽)という少年が猿渡の事務所にやってくる。猿渡が子供だからと追い返すと、猫塚は猿渡に反発する。両親(尾関伸次・星野真里)が離婚調停中の裕太に対し、自身も両親が離婚している猫塚は他人のように思えなかったのだ。猫塚は裕太に協力して、新米ペット探偵として裕太の猫・ゴン太を探すことに。猿渡は、その姿を暖かく見守っていた。そしてゴン太が見つかると、三浦夫婦と猫塚・猿渡に奇跡が起こる……。

予告編・関連動画

ネコ、カメ、モルモット…動物たちと2人のペット探偵が起こす優しい奇跡『海岸通りのネコミミ探偵』予告

予告編

2022/12/1(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
ビデオプランニング
初公開日
2022年12月2日
上映時間
88分
製作会社
ミツウロコ=tvk(テレビ神奈川)=ポニーキャニオン=ビデオプランニング(制作:ビデオプランニング)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022「海岸通りのネコミミ探偵」製作委員会
[c]キネマ旬報社