METライブビューイング2022-23 ワーグナー「ローエングリン」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『METライブビューイング2022-23 ワーグナー「ローエングリン」』
METライブビューイング2022-23 ワーグナー「ローエングリン」
METライブビューイング2022-23 ワーグナー「ローエングリン」
-

METライブビューイング2022-23 ワーグナー「ローエングリン」

2023年4月21日公開、275分、舞台・音楽
  • 上映館を探す
  • みたい
    5
  • みた
    0
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で上演されるオペラを映画館で上映するシリーズ2022-23シーズンの1本。絶体絶命の姫を白鳥の騎士が救う、ドイツ建国にまつわる伝説を描いたワーグナーの傑作オペラを、フランソワ・ジラールの幻想的な演出で上演。指揮は、MET音楽監督のヤニック・ネゼ=セガン。出演は、「METライブビューイング2022-23 ジョルダーノ『フェドーラ』」のピョートル・ベチャワ。

ストーリー

10世紀前半、ブラバント公国。国王ハインリヒ1世(ギュンター・グロイスベック)が、東方遠征の兵を募りにやってくる。そこでテルラムント伯爵(エフゲニー・ニキティン)から、世継ぎのゴットフリートを姉エルザ(タマラ・ウィルソン)が殺したと訴えられる。しかし実際は、テルラムントの妻である魔女オルトルート(クリスティーン・ガーキー)が、ゴットフリートを白鳥に変えたのだった。エルザは、夢に現れた騎士がこの窮地から救ってくれると語る。すると、彼女の前に本当に騎士(ピョートル・ベチャワ)が現れ、テルラムントと戦って勝利する。そしてエルザと結婚することになるが、その条件は、自分が誰か絶対に問わないことだった。とろこが、オルトルートに騎士の素性が怪しいと言われ、エルザは動揺し……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
LOHENGRIN - WAGNER
製作年
2023年
製作国
アメリカ
配給
松竹
初公開日
2023年4月21日
上映時間
275分
ジャンル
舞台・音楽


[c]キネマ旬報社