銀平町シネマブルース:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
銀平町シネマブルース
銀平町シネマブルース
4.0

銀平町シネマブルース

2023年2月10日公開、99分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    178
  • みた
    57
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

潰れかけの映画館を舞台に1人の青年が繰り広げる人間関係を描く群像劇。主人公の一文無しの青年、近藤を『風が強く吹いている』の小出恵介が演じるほか、近藤と出会う人々を「土竜の唄」シリーズの吹越満や『さかなのこ』の宇野祥平らが演じる。『愛なのに』の城定秀夫がメガホンをとり、『神田川のふたり』のいまおかしんじが脚本を手掛けた。

配信で観る

ストーリー

一文無しの青年、近藤は自身が青春時代を過ごした銀平町を訪れる。路上浮浪者で映画好きの佐藤と、映画館の支配人である梶原との出会いをきっかけに、近藤はいまにも潰れてしまいそうな映画館「銀平スカラ座」でアルバイトをすることに。同僚をはじめ、売れない役者やミュージシャン、熟練の映写技師といった個性あふれる人々との出会いを経て、近藤は自身と向き合い始める。

予告編・関連動画

現役のミニシアターをロケ地に、一文無しの青年が映画と再び向き合うまでを描く『銀平町シネマブルース』予告

予告編

2023/1/16(月)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
スポッテッドプロダクション
初公開日
2023年2月10日
上映時間
99分
製作会社
「銀平町シネマブルース」製作委員会(リズメディア=レオーネ=クロックワークス=SPOTTED PRODUCTIONS=オフィス事務所)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022「銀平町シネマブルース」製作委員会
[c]キネマ旬報社