すべてうまくいきますように:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
すべてうまくいきますように

すべてうまくいきますように

2023年2月3日公開、113分、ヒューマンドラマ
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランソワ・オゾン監督がソフィー・マルソーと初めて組んで贈る、愛する家族の尊厳死をめぐる物語。芸術や美食を楽しみ、ユーモアと好奇心にあふれ、人生を謳歌していた父が突然、倒れた。順調に回復するものの、父は安楽死を願う。二人の娘たちは葛藤を抱えながらも、その思いに真正面から向き合おうとするが……。父のアンドレを演じるのはトリュフォーやロメール作品で知られる名優、アンドレ・デュソリエ。共演には、オゾン作品の「まぼろし」(01)「スイミング・プール」の主演女優シャーロット・ランプリング、「17歳」(13)のジェラルディーヌ・ペラス、「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」(19) のエリック・カラヴァカ。カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

予告編・関連動画

わがままな父が最後に望んだのは安楽死…葛藤の中で娘たちは願う『すべてうまくいきますように』 予告

予告編

2022/12/2(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小説家のエマニュエル(ソフィー・マルソー)は、85歳の父アンドレ(アンドレ・デュソリエ)が脳卒中で倒れたという報せを受け病院へと駆けつける。意識を取り戻した父は、身体の自由がきかないという現実が受け入れられず、人生を終わらせるのを手伝ってほしいとエマニュエルに頼む。愛する父からの思わぬ発言に困惑するエマニュエル。つい「悪い父親よ。友達ならよかった」と嘆くが、「なら友達として手を貸すのよ」と友人から背中を押され、妹・パスカル(ジェラルディーヌ・ペラス)とともに父の最後の願いに寄り添うことを決意する。そして、フランスの法律では安楽死の選択は難しいため、スイスの安楽死を支援する協会を頼る。一方で、リハビリが功を奏して日に日に回復する父は、孫の発表会やお気に入りのレストランへ出かけ、生きる喜びを取り戻したかのように見えた。だが、父はまるで楽しい旅行の日を決めるかのように、娘たちにその日を告げる。

作品データ

原題
Everything Went Fine
映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
フランス=ベルギー
配給
キノフィルムズ
上映時間
113分
製作会社
Mandarin Production=FOZ=France 2 Cinema=Playtime Production=Scope Pictures
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2020 MANDARIN PRODUCTION – FOZ – France 2 CINEMA – PLAYTIME PRODUCTION – SCOPE PICTURES [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /14件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?