ブルー・ハワイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブルー・ハワイ

1962年5月12日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エルヴィス・プレスリーが思いきり唄い暴れる明朗な喜劇である。アラン・ワイスのオリジナル・ストーリーを「さまよう青春」の監督ハル・カンターが脚色し、「G・I・ブルース」のノーマン・タウログが監督した。撮影は「片目のジャック」のチャールズ・ラング、音楽は「G・I・ブルース」のジョセフ・J・リリー。出演者はエルヴィス・プレスリー、ジョーン・ブラックマンなど。製作はハル・B・ウォリス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2年間の兵役を終えて帰国したチャド・ゲイツ(エルヴィス・プレスリー)は、パイナップル商の家業を手伝い、良家の娘と結婚して欲しいという母親サラ(アンジェラ・ランズベリー)の願いを聞かず、ハワイとフランスの混血の恋人メイル(ジョーン・ブラックマン)の勧める観光会社に就職した。最初の仕事は美人の女教師アビゲール(ナンシー・ウォルターズ)と4人の女学生をハワイ一週間旅行に連れて行くことだった。旅行前夜、チャドの家で開かれた彼の帰国を祝うパーティーに恋人メイルを連れていったが、母親は歓迎しなかった。翌日、チャドは女学生たちをドライブに連れ出したが、その中の1人エリー(ジェニー・マックスウェル)は、わがままな娘で事毎にチャドを困らせた。ルアウで酔客がエリーをからかったことから観光客と大乱闘を演じてブタ箱に入れられた。観光会社もくびになったチャドは両親にメイルとの交際をやめるように言われたが反抗して家を出た。チャドはアビゲールに雇われることになり、一行をカウアイ島へ連れてきた。その夜、エリーがチャドの部屋へ来て誘惑しようとした時、チャドの後を追ってきたメイルがホテルに着いた。あわてたチャドはエリーを追い出したが、今度はアビゲールが入ってきた。チャドの父親の友人ジャックと婚約したことを知らせにきたのだったが、窓の外から見ていたエリーは早合点して失望し、ジープを暴走させた。翌日、誤解はとけ、仕事も終えたチャドは、ジャックが機転をきかして呼んだ父に会い、来年はハワイで販売会議を開くこと、そして観光会社を作ることを承諾させ、メイルとも晴れて結婚できるようになった。

作品データ

原題
Blue Hawaii
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?