群山:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
群山
群山
3.5

群山

2022年12月23日公開、121分、ヒューマンドラマ/韓国
  • 上映館を探す
  • みたい
    15
  • みた
    4
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「春の夢」のチャン・リュル監督による、日本統治時代の面影が残る韓国の港町・群山を舞台にしたロードムービー。曖昧な関係を続けるユンヨンとソンヒョンは、思い付きでユンヨンの母の生地・群山に出かけ、福岡出身である宿の主人や自閉症の娘に興味を抱く。チャン・リュル監督作「慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ」で主演を務めたパク・ヘイルがアマチュア詩人のユンヨンを、「自由が丘で」のムン・ソリがユンヨンの先輩の元妻を演じる。2019年第14回大阪アジアン映画祭および第29回アジアフォーカス・福岡国際映画祭上映作品(映画祭題「群山:鵞鳥を咏う」)。

配信で観る

ストーリー

曖昧な関係を続ける売れないアマチュア詩人のユンヨン(パク・ヘイル)と彼の先輩の元妻ソンヒョン(ムン・ソリ)は、ある日思い付きで、ユンヨンの母の生まれ故郷である小さな港町・群山へ旅に出ることに。二人は、日本の福岡で生まれ育ち、今は自閉症の娘(パク・ソダム)と暮らす韓国人の主人(チョン・ジニョン)の元に民泊。二人は主人親子に興味を抱き、やがてソンヒョンは主人に、ユンヨンは娘に惹かれていった。旅から戻ったユンヨンは、保守的な父親や中国朝鮮族のメイド、美しい薬剤師と出会い彼らと触れ合ううちに、デジャヴのような感覚をおぼえる。ユンヨンにとって群山の町は、旅の目的地であると同時に、新しい旅の始まりでもあった。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Ode to the Goose
製作年
2018年
製作国
韓国
配給
Foggy=イハフィルムズ
初公開日
2022年12月23日
上映時間
121分
製作会社
Lu Film
ジャンル
ヒューマンドラマ韓国


[c]キネマ旬報社