EO イーオー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
EO イーオー
EO イーオー
3.7

EO イーオー

2023年5月5日公開、88分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    130
  • みた
    52
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ポーランドの巨匠、イエジー・スコリモフスキ監督が、ロベール・ブレッソンの「バルタザールどこへ行く」にインスパイアされ、EO(イーオー)という名のロバの放浪の旅を通して、その魂の純真さと、人間のおかしさや愚かさを描き出した、美しくも哀しい現代の寓話。サーカス団で平穏に暮らしていたEOは人間たちの都合でサーカス団を追われ、やむなく放浪の旅に出る。ミハウ・ディメクが撮影したポーランドからイタリアへと至る雄大な大自然、臨場感あふれるカメラワーク、パヴェウ・ミキェティンによる印象的な音楽に導かれ、観客はEOの旅を見守りつつも、ある時はEOの目線で予期せぬ荒波を潜り抜ける。第75回カンヌ国際映画祭にて審査員賞、作曲賞受賞。

配信で観る

ストーリー

愁いを帯びた瞳とあふれる好奇心を持つ灰色のロバのEOは、心優しきパフォーマー、カサンドラ(サンドラ・ジマルスカ)のパートナーとしてサーカス団で生活していた。だが、ある日、サーカス団が動物愛護団体から糾弾されたことを機に破産、どこかに連れ出されてしまう。予期せぬ放浪の旅のなか、EOの前に善人と悪人が立ち現れる。乗馬クラブの面々、農家や子どもたち、ポーランドのサッカーチーム、イタリア人司祭のヴィトー(ロレンツォ・ズルゾロ)、伯爵夫人(イザベル・ユペール)らと出会うEO。一頭のロバの目から見える世界とは、そして、そこから我々に投げかけるものとは……。

予告編・関連動画

ロバ視点で描く、人間社会の不条理さと自然の驚異『EO イーオー』予告

予告編

2023/3/17(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

第95回アカデミー賞特集

日本時間3月13日(現地時間3月12日)に実施される第94回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」。 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
EO
製作年
2018年
製作国
ポーランド=イタリア
配給
ファインフィルムズ
初公開日
2023年5月5日
上映時間
88分
製作会社
Skopia Film=Alien Films=Polwell=Moderator Inwestycje=Veilo Ewa Zylka
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo
[c]キネマ旬報社