シネマ歌舞伎 唐茄子屋不思議国之若旦那:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
シネマ歌舞伎 唐茄子屋不思議国之若旦那
シネマ歌舞伎 唐茄子屋不思議国之若旦那
3.8

シネマ歌舞伎 唐茄子屋不思議国之若旦那

2024年1月5日公開、113分、舞台・音楽
  • 上映館を探す
  • みたい
    78
  • みた
    18
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

歌舞伎の公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するシリーズの第39弾。『大江戸りびんぐでっど』の宮藤官九郎が手掛ける歌舞伎4作目となり、古典落語「唐茄子屋政談」に「不思議の国のアリス」の要素を織り交ぜた人情噺をスクリーン上映する。自己愛が強い若旦那の徳三郎を「いだてん~東京オリムピック噺~」の中村勘九郎が演じ、徳三郎が入れあげる花魁の桜坂と息子と貧しい生活を送るお仲を中村七之助が一人二役で演じる。

ストーリー

吉原遊びが過ぎたことで勘当されてしまった若旦那の徳三郎は、橋から身投げしようとしているところを偶然通りかかったおじに助けられる。おじの勧めで唐茄子(かぼちゃ)売りの商いを始めることにした徳三郎。商いを通し少し成長した徳三郎だが、熱中していた遊女、桜坂の身請けが決まったと聞き、たまらず吉原へ向かうも、不思議なパラレルワールド「第二吉原」に迷い込んでしまう。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
2024年1月5日
上映時間
113分
製作会社
松竹
ジャンル
舞台・音楽

[c]松竹株式会社
[c]キネマ旬報社