ホーリー・トイレット:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ホーリー・トイレット
ホーリー・トイレット
3.5

ホーリー・トイレット

2023年3月3日公開、90分、スリラー
PG12
178
42
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

仮設トイレ内だけで全編が進行し、孤立無援の恐怖と焦燥感を描くスリラー。頭部を負傷して意識を失った建築家フランクは、建設現場で横倒しになった仮設トイレの中で目を覚ます。トイレの周りに大量のダイナマイトが仕掛けられ、34分後に爆破されることに。監督・脚本は、新鋭ルーカス・リンカー。HARD:LINE Film Festival2022観客賞、fantaspoa2022特別賞受賞のほか、世界のファンタスティック映画祭で上映。

配信で観る

ストーリー

頭部を負傷して意識を失った建築家フランク(トーマス・ニーハウス)が目を覚ますと、リゾートホテルの建設現場で横倒しになった仮設トイレの中にいた。フランクは記憶の一部がなくなり、この状況が飲み込めないが、トイレの周りに大量の解体用ダイナマイトが仕掛けられ、34分後の午後2時ちょうどに爆破されることを知る。この非常事態から逃れるには、誰かに助けを求めるか、自力で脱出するしかない。ところが右腕に鉄筋が突き刺さって動けないうえに、友人である市長のホルスト(ギデオン・ブルクハルト)の邪悪な思惑が判明する。刻一刻と爆発の時限が迫るなか、フランクが助かる術はあるのか……?

予告編・関連動画

トイレに落ちたスマホを掴み取れ!『ホーリー・トイレット』本編映像

本編映像

2023/3/8(水)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Ach du Scheisse!
映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
ドイツ
配給
アルバトロス・フィルム
初公開日
2023年3月3日
上映時間
90分
製作会社
Neopol Film=Studio Hamburg Enterprises
ジャンル
スリラー

[c] 2021 NEOPOL FILM, KELLNER & ZAPF GBR [c]Daniel_Dornhoefer
[c]キネマ旬報社