大いなる自由:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
大いなる自由
大いなる自由
3.8

大いなる自由

2023年7月7日公開、116分、ヒューマンドラマ
R15+
424
98
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第74回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞したドラマ。第二次世界大戦後のドイツ。男性同性愛を禁じた刑法175条の下、ハンスは性的指向を理由に繰り返し投獄される。同房の服役囚ヴィクトールは、ハンスを嫌悪し、遠ざけようとするが……。出演は「フリークスアウト」のフランツ・ロゴフスキ、「ワイルド わたしの中の獣」のゲオルク・フリードリヒ。

ストーリー

第二次世界大戦後のドイツ。男性同性愛を禁じた刑法175条の下、ハンス(フランツ・ロゴフスキ)は自身の性的指向を理由に繰り返し投獄される。同房の服役囚ヴィクトール(ゲオルク・フリードリヒ)は、“175条違反者”の彼を嫌悪し、遠ざけようとするが、腕に彫られた番号から、ハンスがナチスの強制収容所から直接刑務所に送られたことを知る。己を曲げず、何度も懲罰房に入れられる頑固者のハンスと、長期の服役によって刑務所内での振る舞いを熟知するヴィクトール。反発から始まった二人の関係は、長い年月を経て互いを尊重する絆へと変わっていく。

予告編・関連動画

同性愛が禁じられていた戦後ドイツで、愛する自由を求め続けた男の闘いを描く『大いなる自由』予告

予告編

2023/3/23(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Große Freiheit
映倫区分
R15+
製作年
2021年
製作国
オーストリア=ドイツ
配給
Bunkamura
初公開日
2023年7月7日
上映時間
116分
製作会社
FreibeuterFilm=Rohfilm Productions
ジャンル
ヒューマンドラマ

©2021FreibeuterFilm•Rohfilm Productions [c]キネマ旬報社