宮古島物語ふたたヴィラ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
宮古島物語ふたたヴィラ
宮古島物語ふたたヴィラ
-

宮古島物語ふたたヴィラ

2023年3月18日公開、120分
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「西成ゴローの四億円」の上西雄大監督による宮古島を舞台にした群像ドラマ。事業に失敗した碧海貴吉が、沖縄の宮古島に建てたヴィラ“ふたたヴィラ”。時は流れ、貴吉が亡くなり、娘の陽葵が父の内縁の妻・甘潮優実に呼ばれ大阪から宮古島にやって来る……。出演は「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子、「AKAI」の赤井英和、「ONODA 一万夜を超えて」の津田寛治、「夜明けまでバス停で」のルビー・モレノ。

ストーリー

バブル経済の破綻と共にそのあおりを受けた不動産業を営む碧海貴吉は、失意のまま大阪から宮古島にやって来る。自殺をしようとしたその時、亡くなった父・勘吉が現れ貴吉に叱咤する。「あの丘に小さなホテルを作れ。そしてその裏の砂浜にこのウミガメを放て。そうしたらそこは人を救う再開の場となり、お前の人生も救ってくれる……」そんな勘吉の言葉通り、貴吉はヴィラを建て、やがてそこは泊まれば心から願う再会を叶えてくれる“ふたたヴィラ”と呼ばれるようになる。時は流れ、宮古島へ降り立つ碧海陽葵。母と自分を捨てた父・貴吉を恨みながらも、その父が亡くなり内縁の妻・甘潮優実に呼ばれ渋々島に来たのであった。やがて、貴吉の造り上げたヴィラに訪れる家族や島の住人たちと触れ合う陽葵。漁師の父に反抗し島を出た南城津吉は、都会で上手く行かずヤクザに追われながら島に戻り、殺したヤクザの家から引きこもりの娘を連れ歩く。久しぶりに会った母・寿子は認知症のため、息子である津吉のことが分からなくなっていた……。新型コロナウイルスによって夫を亡くした村川叶は、娘・愛那と共に、再会の願いを込めてヴィラにやって来る……。行方不明になった娘を探す夫婦は、娘に似た人物が宮古島に居るという情報を聞きつけ訪れる……。それぞれの家族が“ふたたヴィラ”によって、ほつれた想いをほぐしてゆく……。

予告編・関連動画

泊まれば心から願う再会が叶うヴィラに集う、想いを抱えた人たちの絆と再生を描く『宮古島物語ふたたヴィラ』予告

予告編

2023/3/8(水)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
10ANTS
初公開日
2023年3月18日
上映時間
120分
製作会社
10ANTS

[c]上⻄雄大
[c]キネマ旬報社