遺灰は語る:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
遺灰は語る
遺灰は語る
3.4

遺灰は語る

2023年6月23日公開、90分
PG12
283
39
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ノーベル文学賞受賞作家のピランデッロが死去。ムッソリーニは、その遺灰をローマから手放さなかった。戦後、ようやく遺灰は故郷シチリアに帰ることになるが、次々にトラブルに見舞われる。タヴィアーニ兄弟の弟パオロが、兄ヴィットリオ亡き後、初めて発表し、ベルリン映画祭国際批評家連盟賞に輝いた。エピローグとしてピランデッロの遺作「釘」から脚色された一編も描かれる。6/23ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次公開。

配信で観る

ストーリー

1934 年にノーベル文学賞を受賞した文豪ルイジ・ピランデッロは、その2年後、死に際して「灰は故郷シチリアに」と遺言をのこす。しかし、時の独裁者ムッソリーニは作家の遺灰を、その名誉を利用するためにローマに留めおいた。戦後、ようやく彼の遺灰が入った壺が、ローマからシチリアへと帰還することに。シチリア島の特使がその重要な務めを命じられるのだが、アメリカ軍の飛行機に搭乗拒否されたり、壷がどこかへ消えたり、次から次へとトラブルに見舞われる。果たして遺灰は無事にシチリアに届けられるのだろうか。

予告編・関連動画

とあるノーベル賞作家の遺灰を運ぶ、トラブル続きの旅『遺灰は語る』予告

予告編

2023/4/27(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Leonora
映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
イタリア
配給
ムヴィオラ
初公開日
2023年6月23日
上映時間
90分
製作会社
Stemal Entertainment=Rai Cinema=Istituto Luce Cinecitta=Cinemaundici

[c] Umberto Montiroli [c]キネマ旬報社