フリークスアウト:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
フリークスアウト
フリークスアウト
3.7

フリークスアウト

2023年5月12日公開、141分
R15+
358
135
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のガブリエーレ・マイネッティによる長編第2作。第二次世界大戦下のイタリア。特殊な異能力を持つが故に世間に馴染めず肩を寄せ合って生きてきたサーカス団の仲間たち5人は、ナチス・ドイツ軍との壮絶な闘いに巻き込まれてゆく。出演は「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のクラウディオ・サンタマリア、Netflix『ムッソリーニの財宝を狙え』のピエトロ・カステリット。

配信で観る

ストーリー

第二次世界大戦下のイタリア。ユダヤ人の団長イスラエル(ジョルジョ・ティラバッシ)率いる5人の小さなサーカス団“メッツァ・ピオッタ”。光と電気を操る少女マティルデ(アウロラ・ジョヴィナッツォ)、アルビノの虫使いチェンチオ(ピエトロ・カステリット)、多毛症の怪力男フルヴィオ(クラウディオ・サンタマリア)、磁石人間の道化師マリオ(ジャンカルロ・マルティーニ)たちは、その特殊能力のせいで普通に暮らすことができず、家族のように肩を寄せ合って暮らしてきた。そんななか、イタリア国内にもナチス・ドイツの影が忍び寄る。なんとか戦火を逃がれ、皆をアメリカへ脱出させようとしていたイスラエルだったが突如姿を消してしまい、マティルデが団長を探し出そうと奔走する。一方、フルヴィオら3人は仕事を求め、ベルリン・サーカス団の門を叩く。そこはド派手なパフォーマンスが話題のナチス・ドイツの陽気な広告塔だが、団長のフランツ(フランツ・ロゴフスキ)は、裏でナチスを勝利に導く異能力者を探して人体実験を繰り返していた。そんなフランツとの出会いは、“メッツァ・ピオッタ”の仲間たちをナチス・ドイツ軍との壮絶な戦いへと導いてゆく……。

予告編・関連動画

超人サーカス団VSナチス・ドイツの異能力バトル!『フリークスアウト』予告

予告編

2023/4/4(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Freaks Out
映倫区分
R15+
製作年
2021年
製作国
イタリア=ベルギー
配給
クロックワークス
初公開日
2023年5月12日
上映時間
141分
製作会社
Goon Films=Lucky Red=Rai Cinema

[c] 2020 Goon Films S.r.l. - Lucky Red S.r.l. - Gapbusters S.A. [c]キネマ旬報社