ベケット:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ベケット
ベケット
-

ベケット

1964年9月25日公開、0分
0
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジャン・アヌイの戯曲をエドワード・アンハルトが脚色、「可愛い妖精」のピーター・グレンヴィルが演出した宗教ドラマ。撮影は「スージー・ウォンの世界」のジョフリー・アンスワース、音楽はローレンス・ローゼンタールが担当した。製作は「バラの刺青」のハル・B・ウォリス。出演は「クレオパトラ(1963)」のリチャード・バートン、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール、「リチャード三世」のジョン・ギールグッド、「炎の人ゴッホ」のパメラ・ブラウン、「生きる歓び」のパオロ・ストッパ、マーティタ・ハント、ショーン・フィリップスほか。

ストーリー

12世紀末。ヘンリー2世(ピーター・オトゥール)と、大補祭ベケット(リチャード・バートン)は学生時代から親交があり、心を許しあった仲だった。狩猟をしたり、女遊びをしたりしていた。2人の親交が深くなっていくにつれて、宮廷にも教会にも2人の間柄を快く思わぬ者があらわれた。だがヘンリーは気にとめず、大法官の職を復活させ、ベケットを任じた。そのことを最も苦々しく思ったのはロンドン司教フォリオーだった。司教はローマ法王庁に中傷させようと、カンタベリーの大司教に迫ったが、大司教はベケットの人物を見抜いていてそれを拒否した。ヘンリーとベケットは相変わらず親交を続けていたが、ベケットが人間として成長してくると、ヘンリーとの間に心の溝がうまれるようになった。ある日、好色なヘンリーに目をつけられた娘をベケットが救ったことから、ベケットの愛人グエンドリン(シアン・フィリップス)をヘンリーに与えることになったが、彼女は純粋な愛を知らぬヘンリーを嫌って自殺した。ショックだったヘンリーとベケットは一夜を語りあかした。やがて、2人はフランスの戦場へ行くことになった。ヘンリーは勝利を続け、後始末をベケットに任せて、女漁りに夢中になっていた。そのころ、大司教が死んだ。その後任にヘンリーはベケットを推した。フランスにとどまっていたヘンリーにとって、ベケットがいない毎日はいかにも退屈だった。そんなとき、教会の権利守護のための手紙がベケットからヘンリーに届いた。それが高圧的だと怒ったヘンリーはベケットを訪ね、2人は激しい論争をした。そのことから、ベケットはフランスに身を隠した。ヘンリーはベケットに対する愛と憎しみに心をかき乱され、「あの坊主をとり除くものはいないか」と口走ってしまった。居あわせた4人の侍従が、それを真にうけてベケット殺害に旅立った。ヘンリーは深く後悔した。ベケットの墓前で贖罪のムチをうけ、ベケット大司教を聖者としてその徳をたたえると宣言したのだった……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Becket
製作年
1963年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
初公開日
1964年9月25日
上映時間
0分
製作会社
ハル・B・ウォリス・プロ映画

[c]キネマ旬報社