ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人
ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人
3.6

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人

2024年2月2日公開、116分、歴史
1,000
329
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ルイ15世の最後の公妾となったデュ・バリー夫人ことジャンヌ・デュ・バリーの生涯を描くエンタテインメント。『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』のマイウェンが監督、脚本、そして主人公のジャンヌ・デュ・バリーを演じ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップがルイ15世に扮する。共演は『デリシュ!』のバンジャマン・ラベルネ、『トルテュ島の遭難者たち』のピエール・リシャールら。

ストーリー

貧しいお針子の私生児として生まれたジャンヌは、類稀なる美貌と知性によって貴族の男たちを虜にし、社交界の階段を駆け上がっていく。ついにヴェルサイユ宮殿に足を踏み入れた彼女は、時の国王ルイ15世と対面し、瞬く間に恋に落ちる。国王の公式の愛人、公妾となったジャンヌだったが、王太子妃のマリー・アントワネットが嫁いできたことで、彼女の立場は弱まってしまう。

予告編・関連動画

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人

予告編

2024/1/5(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Jeanne Du Barry
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
フランス
配給
ロングライド
初公開日
2024年2月2日
上映時間
116分
製作会社
Why Not Productions=France 2 Cinema=France 3 Cinema=La Petite Reine=Impala Productions=Les Films de Batna=IN.2 Film=Les Films du Fleuve
ジャンル
歴史

[c]2023-WHY NOT PRODUCTIONS-FRANCE 2 CINEMA- FRANCE 3 CINEMA-LA PETITE REINE-IMPALA PRODUCTIONS [c]LaurentDailland [c]StéphanieBranchu-WhyNotProductions
[c]キネマ旬報社