コカイン・ベア:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
コカイン・ベア
コカイン・ベア
3.6

コカイン・ベア

2023年9月29日公開、95分、パニック
R15+
971
346
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

実際の事件をモチーフに、コカインを食べて凶暴化したクマが起こす騒動を描くパニック・アドベンチャー。森を散策する少女ディーディーと友達のヘンリー。巨大グマに遭遇するも様子がどこかおかしい。そこにレンジャーやギャング、警察までもがやって来て……。出演はTV『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』のケリー・ラッセル、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のオシェア・ジャクソン・Jr。監督は「チャーリーズ・エンジェル(2019)」のエリザベス・バンクス。

配信で観る

ストーリー

1985年。ジョージア州上空を通過するセスナ機には大量のコカインが積まれていた。運び屋アンドリュー・カーター・ソーントン2世(マシュー・リース)は、雇い主の麻薬王シド(レイ・リオッタ)の命令どおり、森にコカインの入ったバッグを投下。だがその直後、自分自身も誤って落下し、ブツの場所をシドに伝える前に死亡する……。テネシー州ノックスビル。TVのニュースでは、空からコカインが降ってきたと報道されている。引退間近の刑事ボブ(イザイア・ウィットロック・Jr.)は、そのコカインがシドのもので、チャタフーチーのブラッド山近辺に残りがあると読んでいた。シドとの長年に渡る因縁に決着をつけるべく、ボブはひとりチャタフーチーへと向かう……。ミズーリ州セントルイス。シドは、行方知れずのコカインのこと、そして妻をガンで亡くした息子のエディ(オールデン・エアエンライク)がその哀しみから立ち直れないことに悩んでいた。シドは最も信頼するフィクサーでエディの親友でもあるダヴィード(オシェア・ジャクソン・Jr.)に、エディのケアとコカインの回収を命じる……。13歳の少女ディーディー(ブルックリン・プリンス)は、ブラッド山の滝の絵を描くために友達のヘンリー(クリスチャン・コンヴェリー)と一緒に学校をサボり、こっそり森へと足を踏み入れる。だが2人はそこで大量のコカインを発見、さらにそのコカインを食べて凶暴化したクマに襲われてしまう……。ディーディーが滝に向かったと知った母親サリ(ケリー・ラッセル)は、森林警備隊員のリズ(マーゴ・マーティンデイル)と野生動物管理官ピーター(ジェシー・タイラー・ファーガソン)の助けを借りて子どもたちの捜索を開始。一方、無人になった森林警備隊のオフィスで、非行少年3人組“ザ・デュシャンズ”のキッド/口ひげ(アーロン・ホリデイ)、ベスト(J・B・ムーア)、ポニーテール(レオ・ハンナ)がたむろしていると、ダヴィードとエディが現れる。3人はトイレでダヴィードを強盗しようとするも即座に返り討ちに。キッドから「森で大量のコカインを発見し“東屋”に隠した」と聞いたダヴィードは、エディとキッドを連れて森へと入ってゆくのだが……。

予告編・関連動画

コカインでキマった森の最強クマさん『コカイン・ベア』予告

予告編

2023/8/15(火)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Cocaine Bear
映倫区分
R15+
製作年
2023年
製作国
アメリカ
配給
パルコ
初公開日
2023年9月29日
上映時間
95分
製作会社
Brownstone Productions=Jurassic Party Productions=Lord Miller
ジャンル
パニック

[c]2022 UNIVERSAL STUDIOS
[c]キネマ旬報社