エリザベート 1878:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
エリザベート 1878
エリザベート 1878
3.5

エリザベート 1878

2023年8月25日公開、114分、歴史
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,202
  • みた
    234
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

19世紀にヨーロッパ宮廷一の美貌と謳われたオーストリア皇妃エリザベートが40歳を迎えた姿を「オールド」のヴィッキー・クリープス主演で描いた歴史劇。厳格な公務をますます窮屈に思うエリザベートは、世間の理想像から自由になるため、ある計画を思いつく。前作「Der Boden unter den Füßen」(原題)が2019年第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で上映されたマリー・クロイツァー監督が、史実に捉われない大胆な表現でシシィの愛称で親しまれる伝説的皇妃の素顔を浮き彫りにする。エリザベートを演じたヴィッキー・クリープスは本作により2022年第75回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞。2023年第95回アカデミー賞国際長編映画賞オーストリア代表作品。

配信で観る

ストーリー

16歳でオーストリア皇妃となりヨーロッパ宮廷一の美貌と謳われたエリザベートは、1877年のクリスマス・イヴ、40歳の誕生日を迎えた。コルセットをきつく締め、世間のイメージを維持するよう努めていたが、厳格で形式的な公務にますます窮屈さを覚えていた。人生に対する情熱や知識、そして若い頃のような刺激を求め、イングランドやバイエルンを旅し、かつての恋人や古い友人を訪ねていく中で、誇張された自身のイメージに反抗し、誇りを取り戻すために、ある計画を思いつく。

予告編・関連動画

誰も知らない皇妃エリザベートの素顔に迫る『エリザベート 1878』予告

予告編

2023/7/11(火)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Corsage
映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
オーストリア=ルクセンブルク=ドイツ=フランス
配給
トランスフォーマー=ミモザフィルムズ
初公開日
2023年8月25日
上映時間
114分
製作会社
Film AG=Samsa Film=Komplizen Film=Kazak Productions=ORF Film/Fernseh-Abkommen=ZDF/ART=ARTE France Cinema
ジャンル
歴史

[c] 2022 FILM AG - SAMSA FILM - KOMPLIZEN FILM - KAZAK PRODUCTIONS - ORF FILM/FERNSEH-ABKOMMEN - ZDF/ARTE - ARTE FRANCE CINEMA
[c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ