違国日記:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
違国日記
違国日記
-

違国日記

2024年6月7日公開、139分、ヒューマンドラマ
910
2
  • 上映館を探す
  • ムビチケ前売り券
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

多数の漫画賞を受賞したヤマシタトモコによる同名コミックを実写映画化。両親を亡くした15歳の姪・朝を引き取ることになった小説家の槇生。槇生は人見知りで生き方が不器用、朝は人懐っこく素直。一切交流のなかった対照的な2人の新たな共同生活がはじまる……。出演は「正欲」の新垣結衣、オーディションで選ばれた新星・早瀬憩、「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の夏帆。監督は「PARKS パークス」の瀬田なつき。

ストーリー

ある日、目の前で両親を交通事故で亡くした15歳の朝(早瀬憩)。突然のことに涙さえ流れず、朝は呆然としたまま葬式に参列する。そんななか、「あなたを愛せるかどうかはわからない。でもわたしは、決してあなたを踏みにじらない」親戚一同の前でそう啖呵を切った槇生(新垣結衣)。槇生の姉で朝の母・実里(中村優子)とは折り合いが悪く、全く交流のなかった槙生だったが、誰も引き取ろうとしない朝と同居することをその時決めたのだった。こうしてほぼ初対面の2人の共同生活がはじまった。人見知りで、部屋の片付けが苦手で不器用な小説家の槙生。一方の朝は、人懐っこく素直な性格。何もかもが対照的な2人の生活は戸惑いの連続で、高校生になったばかりの朝のせわしない日常と、これまで自宅で黙々とひとりで仕事をしてきた槙生の生活時間はなかなかかみ合わない。それでも夜中までPCに向かって執筆を続ける槙生の真剣な横顔に、朝は不思議な安らぎを覚えるのだった。そんなある日、遺品整理のため、両親と暮らしていたマンションを槙生と共に訪れる朝。まだ生々しい生活の残る室内の空気を変えるよう、あえてサバサバと整理を続ける2人だったが、ふとしたことから口論に。かねてから実里への嫌悪感を隠そうとしない槙生に、朝の不満が爆発してしまう。そんな彼女たちの暮らしぶりを気にかけ、槙生の母・京子(銀粉蝶)が訪ねて来る。京子は遺品として届いた実里の日記をこっそり槙生に手渡した。交友関係の狭い槙生だが、長年の親友・醍醐(夏帆)は良き理解者だ。明るい性格で人との垣根を作らない醍醐に朝もすぐに心を許し、女3人の賑やかな餃子パーティーは楽しい時間となる。そして槙生のかつての恋人・笠町(瀬戸康史)と槙生の間には今も親密な空気が流れていた。一方、中学時代からの親友・えみり(小宮山莉渚)と朝とは何でも話せる関係。だが、えみりが人知れず秘密を抱えていることに朝は全く気付かない。学年トップの成績を努力で勝ち取った森本(伊礼姫奈)、朝が勇気を出して入部した軽音部で知り合ったギターの上手い三森(滝澤エリカ)ら様々な友人との出会いに刺激を受けながら、高校生活を送る朝。そんななか、槙生がずっと渡せずにいた実里の日記の存在が朝にバレてしまう。取り乱した朝は、これまで無意識に押し殺していた気持ちがあふれ出し、大事な試験の日を無断で欠席する……。

予告編・関連動画

違国日記

予告編

2024/3/15(金)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

キャンペーン

関連グッズby MOVIE WALKER STORE

作品データ

映倫区分
G
製作年
2024年
製作国
日本
配給
東京テアトル=ショウゲート
初公開日
2024年6月7日
上映時間
139分
製作会社
東京テアトル
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会
[c]キネマ旬報社