暴力の季節|MOVIE WALKER PRESS
MENU

暴力の季節

1956年7月14日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

製作はヴィンセント・M・フェネリイ、監督は「第11号監房の暴動」のドン・シーゲル、脚本はレジナルド・ローズ、撮影は新進のサム・リーヴィット。主演は「マッコーネル物語」のジェームズ・ウイットモア、少年の演技者は、ジョン・カサヴェテス、サル・ミネオ、ピーター・ヴォトリアン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

年頃の少年フランキー・デーン(ジョン・カサヴェテス)は、紐育の貧民街に母親と弟リッチイ(ピーター・ヴォトリアン)の三人で暮らしていた。彼はこの辺に巣食う10代のギャング団“ホーネット”の団長である。ある日、ホーネット団は他の不良団と喧嘩をして勝利を収めた。そして彼等の本拠である袋小路で、捕虜に対する残虐なリンチが始まった。仲間のレニイは、喧嘩道具の拳銃を出して脅した。だが、この有様を見たマッカリスター氏は、直ちに警察に知らせた。レニイは不意をつかれ、不法拳銃所持で逮捕された。団長フランキーは、マッカリスター氏にくってかかったが、逆に顔面を殴りつけられてしまう。殺してやるぞーという捨て台詞は、いつか氏に対する具体的な殺人計画に変る。団員達もさすがに尻ごみしたが、ジォイア(サル・ミネオ)とルウ(マーク・ライデル)は協力を約した。一方、社会事業団に働くベン・ワグナー(ジェームズ・ウイットモア)とジォイアの妹マリア(デニーズ・アレグサンダー)は、愛情をこめて彼等を説得殺人を思いとどまらせようと努力した。しかし、殺人計画実施の時は来た。ボウリングの帰り道のマッカリスターを路地で待ち受けるのである。時刻は深夜の午前2時。酔払いを試験台に予行演習までやる慎重さ。いよいよマッカリスターが来た。ルウがのどをしめ上げ、フランキーがナイフを突き刺そうとしたとき、弟リッチが飛んで来て、彼の手を押さえた。弟の行為に烈火のごとく怒ったフランキー、だが彼は翻然とめざめた。肉親的な愛情をリッチに見せるフランキー。彼は駆けつけたワグナーと共に、落着いた足どりで警察へ向った。

作品データ

原題
Crime in the Streets
製作年
1956年
製作国
アメリカ
配給
映配
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?