未帰還の友に:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
未帰還の友に
未帰還の友に
2.6

未帰還の友に

2023年12月15日公開、75分、戦争/文芸
  • 上映館を探す
  • みたい
    10
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦争に引き裂かれた教え子の恋を描いた太宰治の短編を、「女生徒・1936」でも太宰作品をモチーフにした福間雄三監督が映画化した人間ドラマ。教え子・鶴田と酒を交わす先生。出征を控える鶴田は、苦悩の末に居酒屋の娘マサ子との別れを決心したことを告げる。出征したまま未だ帰らぬ年少の友の身の上を思う先生を「花筐 HANAGATAMI」の窪塚俊介が、教え子・鶴田を本作に製作として参加している田中じゅうこう監督作「ロボット修理人のAi(愛)」で主演を務めた土師野隆之介が演じるほか、詩人・萩原朔太郎を祖父に、小説家・萩原葉子を母に持つ俳優・演出家の萩原朔美が井伏鱒二役で出演。

ストーリー

小説家の先生(窪塚俊介)は慕ってくる教え子たちの中でも、とりわけ鶴田(土師野隆之介)に友情を感じるようになっていった。鶴田の出征が決まり、酒を交わす二人。二人が通う居酒屋の娘マサ子(清水萠茄)は新宿ムーランルージュの舞台に立っており、鶴田と手紙をやりとりして二人の恋は続いていた。しかし出征を控え鶴田は苦しみながらも彼女との別れを決心したことを先生に告げる。そして戦争は泥沼化し、多くの若者たちが散っていき……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2023年
製作国
日本
配給
トラヴィス
初公開日
2023年12月15日
上映時間
75分
製作会社
幻野映画事務所
ジャンル
戦争文芸

[c]GEN–YA FILMS 2023
[c]キネマ旬報社