JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】
JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】
3.7

JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】

2023年11月17日公開、118分、ドキュメンタリー
437
72
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「JFK」のオリヴァー・ストーンが、独自の調査に基づき、1963年のケネディ米大統領暗殺事件の真相に迫ったドキュメンタリー。新証言からキューバ危機やベトナム戦争などの歴史的事件に繋がるFBIやCIAの暗躍も明らかになり、意外な説が浮上する。ナレーターを「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグと「ハンガー・ゲーム」のドナルド・サザーランドが務める。

ストーリー

ジョン・F・ケネディが平和を訴えるスピーチで幕を開ける本作は、1963年の暗殺当日、大統領の悲報を聞いた人々の反応、その直後の容疑者オズワルドの逮捕から殺害までを、当時の映像で畳みかけるように展開する。そして暗殺事件から55年後の2018年。ダラスを訪れたオリヴァー・ストーン監督が吐露する強い思いから、真実への“新たな章”が幕を開ける。ケネディの命を奪った銃弾の特徴、銃撃の方向、オズワルドの現場からの逃走経路、病院での検死やFBIの報告を細かく再検証。事件直後、真相調査のために組織されたウォーレン委員会による報告の矛盾を突く。検視で撮影されたケネディの遺体や当時の映像、1991年の映画「JFK」のクリップも用いながら、ストーン監督が引き出す新たな証言の数々によって、ひとつひとつのピースがつながり、「点」が「線」となっていく。その様子は、さながら極上のミステリーだ。中盤以降は、オズワルドとキューバやソ連(当時)の関係、FBIやCIAの暗躍も明らかになり、キューバ危機、ピッグス湾侵攻、ベトナム戦争という歴史的事件ともリンクし、ケネディ暗殺が“必然”だった説が浮上。新たな証言を得るため、ストーン監督がアプローチしたのは、検視に関わった医師の元同僚、法医学者、歴史学者、暗殺事件やケネディに関する著作を持つ作家、暗殺記録再評価委員会のメンバーと多岐に渡る。ジョン・F・ケネディの死の5年後に暗殺された弟ロバート・ケネディの息子ロバート・ケネディ・ジュニアも、一族を代表して登場。彼は弁護士だが、2024年のアメリカ大統領選の民主党指名候補争いに出馬表明するなど、“時の人”でもある。全編に詰め込まれた膨大な情報が見る者を圧倒する118分。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
JFK Revisited: Through the Looking Glass
映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
アメリカ
配給
STAR CHANNEL MOVIES
初公開日
2023年11月17日
上映時間
118分
製作会社
Ixtlan Productions
ジャンル
ドキュメンタリー

[c] 2021 Camelot Productions, Inc. All rights reserved.
[c]キネマ旬報社