熱のあとに:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
熱のあとに
熱のあとに
3.0

熱のあとに

2024年2月2日公開、127分、ヒューマンドラマ
PG12
361
107
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年に起きた新宿ホスト殺人事件にインスパイアされて作られたヒューマンドラマ。マルセイユ国際映画祭などに出品された『小さな声で囁いて』の山本英が監督、『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』のイ・ナウォンが脚本を手掛けた。主人公の沙苗を『私をくいとめて』の橋本愛、沙苗の過去を受け入れる結婚相手の健太を『すばらしき世界』の仲野太賀、謎の隣人である足立を『わたし達はおとな』の木竜麻生が演じる。

ストーリー

愛したホストの隼人を刺し殺そうとして逮捕された過去を持つ沙苗は、出所後、見合いで出会った健太と結婚する。過去ごと受け入れ、普通の生活へ引き戻してくれる健太と共に平穏な結婚生活を送り始めた沙苗。しかし謎めいた隣人の女性、足立が現れたことで、彼女の運命の歯車は狂い始めていく。

予告編・関連動画

熱のあとに

予告編

2024/1/5(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2024年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
初公開日
2024年2月2日
上映時間
127分
製作会社
日月舎
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya
[c]キネマ旬報社