罪と悪:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
罪と悪
罪と悪
3.6

罪と悪

2024年2月2日公開、115分、サスペンス・ミステリー
PG12
478
159
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「水は海に向かって流れる」の高良健吾主演、22年前の罪と向き合う男を演じたサスペンス。13歳の正樹が殺され、同級生たちはある老人が犯人と決めつけ、1人が老人を殺害し家に火を放った。22年後、正樹と同じ場所で少年の遺体が見つかり、かつての同級生たちが再会する。井筒和幸監督や岩井俊二監督、武正晴監督、廣木隆一監督等の作品で助監督を務めてきた齊藤勇起が自ら書いた完全オリジナルの脚本で初監督。闇の仕事も請け負う建設会社を経営する春を高良健吾が、警察官の家庭に育ち自らも捜査一課の刑事となった晃を「草の響き」の大東駿介が、家業の農業を継ぎ弟の面倒も見ている朔を「あしやのきゅうしょく」の石田卓也が演じる。

ストーリー

13歳の少年・正樹が殺され、遺体が町の中心にある橋の下に無残に捨てられる事件が発生。小さな町はたちまち不安と恐怖に包まれ、あらぬ噂が飛び交い、警戒心を強めていった。正樹の同級生である春・晃・朔・直哉は、正樹がよく遊びに行っていた怪しい老人おんさんが犯人に違いないとにらみ、家に押しかけもみ合った末に、一人がおんさんを殺し家に火を放った。それから時は流れ、晃(大東駿介)は刑事になった。父が亡くなり町に帰ってきた晃は、葬式に来た朔(石田卓也)と久々に話をする。朔は親の後を継ぎ、引きこもりになった双子の弟・直哉の面倒を見ながら農業を営んでいた。それからほどなくして、正樹の事件と同様に橋の下から一人の少年の遺体が見つかる。晃は捜査の中で春(高良健吾)と再会。春は建設会社を営む一方、不良少年たちの面倒を見ており、殺害された少年も春の元に出入りしていた。罪を背負った幼馴染3人が再会したことから、それぞれが心の奥にしまっていた22年前の事件の扉が開き始める。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2023年
製作国
日本
配給
ナカチカピクチャーズ
初公開日
2024年2月2日
上映時間
115分
製作会社
「罪と悪」製作委員会(製作プロダクション:ザフール/制作協力:ダーウィン/企画:オフィス起映)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2023「罪と悪」製作委員会
[c]キネマ旬報社