ニューヨーク・オールド・アパートメント:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ニューヨーク・オールド・アパートメント
ニューヨーク・オールド・アパートメント
3.8

ニューヨーク・オールド・アパートメント

2024年1月12日公開、98分、ヒューマンドラマ
PG12
299
46
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカの移民問題を背景に親子の絆を描いたドラマ。祖国ペルーを捨て、NYで不法移民として暮らすデュラン一家。母はウェイトレスとして働き、息子たちも語学学校に通いながら配達員の仕事で家計を支えていた。やがて彼らは最も恐れていた事態に直面する。短編「ボン・ボヤージュ」が世界各国の賞を受賞したマーク・ウィルキンス監督の長編デビュー作。出演は、「悲しみのミルク」のマガリ・ソリエル、ペルーのオーディションで選ばれた双子のアドリアーノ・デュランとマルチェロ・デュラン。原作は、オランダ人作家アーノン・グランバーグの小説『De heilige Antonio』。

ストーリー

安定した生活を夢見て、祖国ペルーを捨てニューヨークの片隅で不法移民として暮らしているデュラン一家。母ラファエラ(マガリ・ソリエル)はウェイトレスをしながら二人の息子を女手一つで育てている。息子ポール(アドリアーノ・デュラン)とティト(マルチェロ・デュラン)は語学学校に通いながら、配達員の仕事で家計を支えていた。不法滞在者である彼らはお金の問題だけでなく、見つかれば国外追放されてしまうという恐怖が常に付きまとっている。市民権もなく、街から疎外された自分たちを透明人間と呼び、息をひそめて暮らしていた。息子たちは学校で謎を秘めた美女クリスティン(タラ・サラー)と出会い、恋に落ちる。しかしクリスティンには、コールガールという隠れた一面があった。一方、ウェイトレスの生活に疲れ果てたラファエラは、客の白人男性に声を掛けられる。安定を約束するという口車に乗せられ、自分たちのアパートを提供して男と一緒にチキンフード店を開業することに。それぞれが恋に落ち、辟易していた毎日に希望を見出したかのように見えた三人。だが、大都会で出会う人々の欲望と心の闇が次々と露になり、一家は最も恐れていた事態に直面し、引き裂かれてしまう。ラファエラは仕事を抱えながら息子たちを必死に探すが、果たして再会することはできるのか……?

予告編・関連動画

ニューヨーク・オールド・アパートメント

予告編

2023/11/24(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Saint Of The Impossible
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
スイス
配給
百道浜ピクチャーズ
初公開日
2024年1月12日
上映時間
98分
製作会社
Dschoint Ventschr Filmproduktion=Schweizer Radio Und Fernsehen=Blue
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2020 - Dschoint Ventschr Filmproduktion / SRF Schweizer Radio und Fernsehen / blue
[c]キネマ旬報社