クラユカバ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
クラユカバ
クラユカバ
3.5

クラユカバ

2024年4月12日公開、64分、アニメ
960
164
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第27回ファンタジア国際映画祭の長編アニメーション部門にて観客賞・金賞に輝いた長編アニメーション。長年にわたり個人映像作家として活動してきた塚原重義が監督を務め、主人公の私立探偵である荘太郎を講談師の六代目・神田伯山、“クラガリ”で荘太郎と出会う装甲列車の列車長タンネを「響け!ユーフォニアム」の黒沢ともよがそれぞれ演じる。

ストーリー

私立探偵の荘太郎は、世間を惑わしている集団失踪の捜査をスタートさせる。目撃者はなく、意図も不明なその事件の現場には必ず、“不気味な轍”が残されていた。手がかりを求める荘太郎は、街の地下領域“クラガリ”へと足を踏み入れる。そこで出会った黒鐵の装甲列車とその指揮官タンネが、荘太郎の運命を大きく揺れ動かしていく。

予告編・関連動画

クラユカバ

予告編

2023/12/8(金)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
東京テアトル=ツインエンジン
初公開日
2024年4月12日
上映時間
64分
製作会社
クラガリ映畫協會(アニメーション制作:チームOneOne)
ジャンル
アニメ

[c]塚原重義/クラガリ映畫協會
[c]キネマ旬報社