マイ・フェア・レディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・フェア・レディ

1964年12月1日公開,173分
  • 上映館を探す

ジョージ・バーナード・ショウの「ピグマリオン」を脚色したミュージカル。脚色(作詞)は「恋のてほどき」のアラン・ジェイ・ラーナー。「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが演出したミュージカル。撮影はハリー・ストラドリング、音楽はアラン・ジェイ・ラーナーの作詞、舞台と同じくフレデリック・ロー及びアンドレ・プレヴィンが作曲をそれぞれ担当した。出演は「クレオパトラ(1963)」のレックス・ハリソン、「シャレード」のオードリー・ヘップバーン、舞台で同じ役を演じたスタンレー・ハロウェイ、「恋をしましょう(1960)」のウィルフリッド・ハイド・ホワイト、ジェレミー・ブレットなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イライザ(オードリー・ヘップバーン)は花売り娘だ。うすら寒い三月の風の中で声をはりあげて売り歩く。ある夜、ヒギンス博士(レックス・ハリソン)に言葉の訛りを指摘されてから、大きく人生が変った。博士の家に住み込むことになったのだ。だが、今までの色々の苦労よりももっと苦しい難行を強いられた。何度も同じ言葉を録音するのだ。博士の家に同居するピカリング大佐は親切で優しい。ある日、イライザの父親ドゥリットル(スタンレー・ハロウェイ)が娘を誘惑されたと勘違いして怒鳴り込んだが、貴婦人になる修業をしていると聞いて喜んだ。それから4カ月。イライザは美しい貴婦人として社交界へデビューした。アスコット競馬場。イライザの美しさは群を抜き、名うてのプレイボーイ、フレディでさえが彼女につきまといはじめた。陰で彼女を見守る博士とピカリングは気が気ではなかった。彼女の正体がばれたら、貴族侮辱罪で社交界から追放されるだろう。彼女は誰にも気づかれずうまくやっていた。ところが各馬がゴール寸前になったところ、興奮したイライザは、つい地金を出してしまった。だが、それもご愛嬌ですんだ。つづく大使館のパーティでは完全なレディになっていた。そこに博士の昔の弟子で、人の正体を暴いては強請っている自称言語学者がイライザにつきまとい始めた。彼は得意げにイライザの正体を暴露した。「ベルギーの王女です!」大成功だ。その夜、博士とピカリングが成功を喜んでいる傍らで、イライザは悲しみと怒りで泣いていた。誰もイライザに労いの言葉をかけてくれない。自分は博士の実験台にすぎなかったのだ。そうして彼女は邸を飛び出した。博士がイライザの家出を嘆いて、母の家へ行くと、そこにイライザがいた。家に帰るように言う博士に、イライザはフレディと結婚すると宣言する。一人邸に戻った博士は、イライザの不在に淋しさを感じ、彼女を愛する心を意識した。録音器の訛りの多い彼女の声を静かに聞きながら心を痛めていた。ふと、その録音器が止まった。なんとそこにイライザが立っていたのだ。博士はとんで行って抱き締めたい気持ちをこらえながら言った。「イライザ。ぼくのスリッパはどこ?」

作品データ

原題
My Fair Lady
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
173分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • 夙の一郎

    3
    2012/12/18

    『ピグマリオ』。男が理想の女性を作り上げる、チョー身勝手物語。理想の女性彫像が命を得て作者の男の愛に答えてくれる。ピグマルオ=Mr.ヒギンズ=光源氏?普遍的な男の妄想ですね。バーナードショーの分身のようなMr.ヒギンズの台詞には女性の反論も在るでしょう。でも楽しめました。とにかく映像と音楽が良い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • walkman

    5
    2011/5/25

    レビューがなかったので…
    あらすじでほぼネタバレしてますねw
    歌は差し替えですが、音楽に合わせて動くオードリーはとても可愛くて魅力的です。
    ストーリーはまぁまぁ・・・笑えるとこもあって良かったです。
    しかし最後あそこで「スリッパ」とは・・・w

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告