Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』
Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死
Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死
-

Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死

2024年1月27日公開、98分
20
1
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的ロックバンド“ザ・ローリング・ストーンズ”の創始者で初代リーダー、ブライアン・ジョーンズの波乱の生涯と謎に満ちた死の真相に迫るドキュメンタリー。スウィンギン・ロンドンを象徴する存在となったブライアンは、なぜ27歳で命を落としたのか。アーティストのプリンス・スタッシュ・クロソウスキー、元“ザ・ローリング・ストーンズ”のメンバー、ディック・テイラーらが証言者として出演。監督は「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」のダニー・ガルシア。

配信で観る

ストーリー

1960年代半ば、ロックバンド“ザ・ローリング・ストーンズ”の初代リーダーとして、ブリティッシュ・ロック・シーンを駆け上り、スウィンギン・ロンドンを象徴する一人として燦然たる地位を確立したブライアン・ジョーンズ。トップ女優アニタ・パレンバーグとの交際でも注目されたが、その行き過ぎたライフ・スタイルと悪評は、その後の彼の人生を狂わせていく。1967年、シーンがドラッグに蝕まれはじめると、彼もその闇に溺れていくことに。当局とメディアから格好のターゲットとして追われたブライアンは暴走。その結果、ストーンズとしての威厳も、アニタをも失うこととなる。2年後、彼は自宅のプールの底で発見された。検視結果は“不慮の事故による死”。若き彼の死は、その後の”27クラブ”の嚆矢となる。没後から現在まで、ブライアンの死は他殺によるもので、その真実は隠ぺいされたのだという陰謀説が数多く浮上し、それらの説を証明する証拠も多数見つかっている。本作では、生前のブライアンをよく知る人物たちの声から、その疑惑を掘り下げていく。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
ROLLING STONE: LIFE AND DEATH OF BRIAN JONES
製作年
2020年
製作国
スペイン
配給
CURIOUSCOPE
初公開日
2024年1月27日
上映時間
98分
製作会社
Dudeski=Chip Baker Films


[c]キネマ旬報社