落下の解剖学:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
落下の解剖学
落下の解剖学
3.7

落下の解剖学

2024年2月23日公開、152分、サスペンス・ミステリー
2,425
988
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2023年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したヒューマンサスペンス。人里離れた雪山の山荘で起きた転落死を巡る物語を描く。『愛欲のセラピー』のジュスティーヌ・トリエがメガホンをとり、『ONODA 一万夜を越えて』のアルチュール・アラリと共に脚本を手掛けた。『ありがとう、トニ・エルドマン』のザンドラ・ヒュラーが主人公サンドラを演じ、『女の一生』のスワン・アルローほか、ミロ・マシャド・グラネール、アントワーヌ・レナルツらが脇を固める。

ストーリー

視覚障がいを持つ息子は、ある日、父親が血を流し倒れているのを発見する。息子の悲鳴を聞いた母親が救助要請を行うも、すでに男は息絶えていた。当初は転落事故かと思われたが、その死には不審点が多く、しだいに被害者の妻でベストセラー作家のサンドラに殺人容疑が向けられていく。無実を必死に訴えるサンドラだったが、事件の真相を追うなかで、夫婦の嘘や秘密が明らかになる。

予告編・関連動画

落下の解剖学

予告編

2023/12/29(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

第96回アカデミー賞特集

日本時間3月13日(現地時間3月12日)に実施される第95回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」。 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Anatomie d'une chute
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
フランス
配給
ギャガ
初公開日
2024年2月23日
上映時間
152分
製作会社
Les Films Pelleas=Les Films de Pierre=France 2 Cinema=Auvergne-Rhone-Alpes Cinema
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2023 L.F.P. – Les Films Pelléas / Les Films de Pierre / France 2 Cinéma / Auvergne‐Rhône‐Alpes Cinéma
[c]キネマ旬報社