流転の地球 ―太陽系脱出計画―:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
流転の地球 ―太陽系脱出計画―
流転の地球 ―太陽系脱出計画―
4.1

流転の地球 ―太陽系脱出計画―

2024年3月22日公開、173分、SF
218
70
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

太陽系の消滅を目前に、人類の存亡を懸けて立ち向かう人々を描く「流転の地球」シリーズ第2弾。「三体」のリウ・ツーシンの同名短編小説を原作に、前作に引き続き『宇宙探索編集部』のグオ・ファンがメガホンをとる。『1950 鋼の第7中隊』のウー・ジン、『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ、『始皇帝暗殺』のリー・シュエチェンらが出演する。

ストーリー

そう遠くない未来に起こると言われる太陽系の消滅に備え、地球連合政府は1万基におよぶロケットエンジンによって地球を太陽系から離脱させる巨大プロジェクトを始動させた。各国の思惑や内紛、争いが相次ぐなか、亡き妻への想いを胸に抱えた飛行士リウは宇宙へと飛び立つ。一方、量子科学研究者のトゥーは禁断のデジタル技術で事故死した娘を蘇らせようと目論み、連合政府の中国代表ジョウは大きな決断を迫られていた。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
流浪地球 2
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
中国
配給
ツイン
初公開日
2024年3月22日
上映時間
173分
製作会社
中国電影集団
ジャンル
SF

[c]2023 G!FILM STUDIO [BEIJING] CO., LTD AND CHINA FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
[c]キネマ旬報社